Menu
(0)

Search

『リロ&スティッチ』実写映画版、監督が決定 ─ A24ストップモーション・アニメを手掛けた気鋭

リロ&スティッチ
© Walt Disney Pictures 写真:ゼータ イメージ

ディズニー・アニメ『リロ&スティッチ』(2002)の実写映画版の監督が決定した。

『リロ&スティッチ』はハワイを舞台に、人間の少女であるリロと、遺伝子実験により創り出されたエイリアンであるスティッチの交流を描いた人気作品。既報によると実写版『リロ&スティッチ』には、『クレイジー・リッチ!』(2018)のジョン・M・チュウが監督として契約交渉中と報じられていたが、米Deadlineの独占情報によると、このたび監督に就任したのは、A24映画『Marcel the Shell With Shoes On(原題)』のディーン・フライシャー・キャンプとのことだ。

2022年6月より米国公開中で、批評家から絶賛されている『Marcel the Shell With Shoes On』は、ストップモーション・アニメと実写映像を織り交ぜた映画。実写版『リロ&スティッチ』は、『美女と野獣』(2017)『アラジン』(2019)のように、CGと実写映像を融合した作品になると伝えられていたため、監督としての相性は良さそうだ。

脚本の草稿は、マイク・ヴァン・ウェーズが執筆。かねてより改稿を担当する新たな脚本家が検討されていたが、こちらはクリス・K・T・ブライトが契約交渉中とのこと。『Tsuru(原題)』という短編映画を手掛け、『モアナと伝説の海』(2016)の製作にも携わっていた人物だ。プロデューサーには、『アラジン』のダン・リン&ジョナサン・アイリヒが名を連ねている。

なお現時点では、『リロ&スティッチ』実写版が劇場公開作品となるのか、Disney+向けの作品となるのかは不明だ。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly