Menu
(0)

Search

超実写版『ライオン・キング』前日譚映画、ムファサ&スカー役の声優決定 ─『ウェイブス』と『オールド』俳優が担当へ

ライオン・キング
©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『ムーンライト』(2017)「地下鉄道 ~自由への旅路~」(2021)などのバリー・ジェンキンス監督、ディズニーライオン・キング』(2019)超実写版の前日譚映画に、『オールド』(2021)のアーロン・ピエール、『WAVES/ウェイブス』(2019)などのケルヴィン・ハリソン・Jrが主要声優として抜擢されたことがわかった。米Deadlineが報じている。

この投稿をInstagramで見る

Aaron Pierre(@aaron_pierre1)がシェアした投稿

『ライオン・キング』(1994)を超実写版として蘇らせた前作は、『ジャングル・ブック』(2016)「マンダロリアン」(2019-)などのジョン・ファヴロー監督が手掛け、驚異的な全世界興行収入を記録した作品だ。前日譚映画では、サバンナを治める王で、シンバの父親であるムファサの若き日に焦点が当てられる。そのムファサの声優を担当するのは、アーロン・ピエール。ジェンキンス監督とは、「地下鉄道 ~自由への旅路~」につづいてのタッグとなる。2019年版では、ジェームズ・アール・ジョーンズがムファサの声優を担当していた。

一方でケルヴィン・ハリソン・Jrは、ムファサの弟で、王になれないことを恨むスカー役を演じる。スカーとは左目にある傷にちなみつけられた命名で、前日譚映画では本名のタカとして登場する見込みとのこと。2019年版では、キウェテル・イジョフォーがスカーの声を当てていた。また、さらなるキャスティングも進行中で、多くの大物が参加する予定だという。

脚本を担当するのは前作を執筆したジェフ・ナサンソン。音楽には、ハンス・ジマー&ファレル・ウィリアムスが続投するほか、ニコラス・ブリテルが本作で初参加。バリー・ジェンキンス監督の右腕的存在として支えてきた人物だ。また、ジョン・ファヴローとインダストリアル・ライト&マジックが前作の際に開発し、「マンダロリアン」にも活かされた製作技術も継承される。アニメ版や前作から、音楽が作品の核を担う構造が引き継がれるとも伝えられていた

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly