『LOGAN/ローガン』ウルヴァリンが恐れていたのは「親密さ」 ― オスカー候補脚本のツボを監督が解説

ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンの“最終作品”、映画『LOGAN/ローガン』(2017)はスーパーヒーロー映画の新たな境地を開拓した。『デッドプール』(2016)にみられた過激な暴力描写をシリアスな方向に振り切って、西部劇/アメリカ映画にみられるテーマやテイストを採り入れた人間ドラマに真っ向から挑戦。ジェームズ・マンゴールド監督らが執筆した脚本は、ヒーロー映画として初めてアカデミー賞の脚色賞にノミネートされている

長らくウルヴァリンを演じてきたヒューを送り出すべく、ジェームズ監督が選んだのは、“ヒーロー映画にありがちなこと”を徹底して避けるというストーリーテリングだった。過去の『X-MEN』シリーズや、昨今のヒーロー映画の風潮を踏まえたスタイル、そしてウルヴァリンというキャラクターのキモを監督自身が解説している。

注意


この記事では、映画『LOGAN/ローガン』の内容に言及しています。

©2017Twentieth Century Fox Film Corporation

ウルヴァリンが恐れていたのは「親密さ」

映画が始まってすぐ、観客は(『X-MEN』シリーズの熱心なファンであればあるほど)驚くことになっただろう。ローガン/ウルヴァリンはUberを思わせる配車サービスのドライバーを生業とし、チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーXはアルツハイマーを患って、介護を受けながらひっそりとした生活を送っている。ミュータントの大半がいなくなってしまった世界で、彼らは“最後の時間”を過ごしているのだ。

ジェームズ監督は、「ヒュー・ジャックマンによる最後のウルヴァリンである以上、“ローガンが一番恐れているものは何なのか?”という問いに答えなければなりませんでした」THE CREDITSのインタビューにて語っている。

「彼は世界の恐れは恐れていない、むしろ歓迎しているかもしれません。自分が死ぬことも恐れていない、むしろその時を待っているのかも。誰か特定のヴィランに復讐を誓うわけでもなく、むしろ孤独に生きていたいと思っています。でも、そこで分かってきたんですよ。ローガンは親密になることを完全に恐れているのだと。」

しかし劇中において、ウルヴァリンはチャールズと、自分の遺伝子を継ぐ少女ローラを連れて逃亡の旅に出なければならなくなる。そこで彼は(時として好戦的な)従来のウルヴァリンとは異なり、他者を守ることにこそ力を尽くさねばならないのだ。その過程で、三人は家族のような関係を結ぶことになっていく……。

かつてない、脆いウルヴァリンにしたいと思いました。だから、病気に苦しむ父親や、娘に必要とされる人物としてローガンを創造したんです。彼は非常に落ち着かない状況になりますよね。」

 

旅の途中、彼らは確かに親子として心を通わせている。ある家族と出会った時、三人は祖父・父親・娘として、ひとつのコミュニティを演じなければならないのだし、それは“演じる”ことを超えて真実にすらなるのだ。
そうして恐れていたはずの「親密さ」を手にしたウルヴァリンは、その反面、自身の心を大きく揺さぶられることになる。不器用な彼がはっきりと表現するのは、時に愛情の裏返しとなって噴き出してくる“怒り”だ。ウルヴァリンのセリフには、その苛立ちや怒りのこもったFワードが頻出するのである。

「決して、口汚い言葉を喋らせたいと思ったわけではないんです。大切なのはフィルターを外すことでした。たくさんの怒りを抱えた一匹狼を描く作品にしたかったし、彼の怒りにフィルターはないんですよ。」

かつてジェームズ監督は、本作を「ミュータントの出て来る小津(安二郎)映画にしたかった」と述べていた。親密になることを恐れる孤独な男、その内面の描き込みという点で、今回の解説はそのひとつの回答になっているといえるだろう。

なお脚本の執筆にあたり、ジェームズ監督をはじめとした執筆チームは何度も改稿作業を重ねていたという。

「とにかくトライ&エラーの連続でした。決して、熱にうかされて書いたものではありません。ストーリーを作っては、また作り直したことに、すごく満足しています。いつでも過去のものに戻ることはできましたが、新しいことを試したい、成功の確率が50%でも、より良いもの、より新しいものを目指して努力したいと思ったんです。」

映画『LOGAN/ローガン』のブルーレイ&DVDは現在発売中

Source: https://www.thecredits.org/2018/02/writer-director-james-mangold-snagged-historic-oscar-nom-r-rated-logan-script/
©2017Twentieth Century Fox Film Corporation

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。