『LOGAN/ローガン』がアメコミ映画の歴史を変えた ― アカデミー賞『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』もノミネート

2018年1月23日(米国時間)、第90回アカデミー賞のノミネート作品が発表された。
かねてより有力候補と目されていた『シェイプ・オブ・ウォーター』(3月1日公開)や『スリー・ビルボード』(2月1日公開)などが複数部門でノミネートされる中、THE RIVERが注目しておきたいのは、やはりアメコミ映画がどのような奮戦を見せているかという点だ。

『LOGAN/ローガン』脚色賞ノミネート!

今回のアカデミー賞で注目すべきは、なんといっても『LOGAN/ローガン』(2017)が脚色賞でのノミネートを果たしたことだろう。アメコミ原作映画、ヒーロー映画としては、『ダークナイト』(2008)のヒース・レジャーが助演男優賞を受賞しているものの、主要の賞に登場したのは本作が初めて。これまでヒーロー映画は賞レースにおいて作品性を軽んじられるような傾向にあったが、いかにも“アメリカ映画”的なアプローチとヒーロー映画というジャンルの融合が実を結んだものといえるだろう。アメコミ映画の歴史を変えた一本として、長く記憶されることを祈るばかりである。

『LOGAN/ローガン』の脚本を手がけたのは、前作『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013)のスコット・フランクとジェームズ・マンゴールド監督、そして『ブレードランナー 2049』(2017)を執筆したマイケル・グリーンの3名。英語版脚本は全編公開されているので、この機会にぜひチェックしておいてほしい。なお、本作をもってウルヴァリン役を卒業した主演のヒュー・ジャックマンは、アカデミー脚色賞ノミネートに喜びのコメントを発している。

『LOGAN/ローガン』が脚色賞を争うのは、すでに絶賛が集まっている『君の名前で僕を呼んで』(4月公開)、『ザ・ディザスター・アーティスト(原題:The Disaster Artist)』、『モリーズ・ゲーム』(5月公開)、そしてNetflix映画『マッドバウンド 哀しき友情』(2017)だ。

ちなみに本作でチャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX役を卒業したパトリック・スチュワートは、その重厚な演技によって助演男優賞が期待されていたものの、残念ながらノミネートを逃す結果となってしまった。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』視覚効果賞へ

アカデミー賞においてヒーロー映画の登場が常連化していた視覚効果賞において、今回はマーベル・シネマティック・ユニバース作品より『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)がノミネート。
2017年、米国ではMCU作品として『スパイダーマン:ホームカミング』や『マイティ・ソー/バトルロイヤル』も公開されているため、そこから『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が選ばれたのは意外といえば意外だろうか。

視覚効果賞の対抗馬として登場しているのは、『ブレードランナー 2049』、『キングコング:髑髏島の巨神』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、『猿の惑星:聖戦記』。いずれ劣らぬ高い技術を見せつけた作品群だけに、どの作品が受賞してもまったくおかしくない状況だ。

なお、マーベル・コミックを原作とする『LOGAN/ローガン』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』がノミネートされている一方で、2017年のDCコミックス作品『ワンダーウーマン』、『ジャスティス・リーグ』、『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』は一切ノミネートされていない。特に『ワンダーウーマン』はパティ・ジェンキンス監督の演出に高い評価が寄せられていただけに、監督賞へのノミネートを逃したことは思わぬ展開ともいえそうだ。

第90回アカデミー賞の授賞式は、2018年3月4日(米国時間)に開催される。
『LOGAN/ローガン』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』がどんな成果を残せるか、アメコミファンもぜひご注目いただきたい。

Sources: http://comicbook.com/marvel/2018/01/23/logan-oscar-nomination/
https://www.cbr.com/hugh-jackman-reacts-logan-oscar-nomination/
http://comicbook.com/marvel/2018/01/23/guardians-of-the-galaxy-vol-2-oscar-nomination/
https://batman-news.com/2018/01/23/oscar-nominations-wonder-woman-justice-league/
©2017Twentieth Century Fox Film Corporation

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。