『アイアンマン2』悪役サム・ロックウェル、MCUへの復帰に興味 ― フィル・コールソンの復活も希望

映画『スリー・ビルボード』(2018年公開)や『月に囚われた男』(2009)などの名優サム・ロックウェルが、マーベル・シネマティック・ユニバースへの復帰に興味を示しているようだ。

サムは『アイアンマン2』(2010)にて、メイン・ヴィランであるイワン・ヴァンコ/ウィップラッシュ(ミッキー・ローク)を手助けする科学者のジャスティン・ハマーを演じていた。大作映画からインディペンデント映画まで幅広く出演するサムは、マーベル・シネマティック・ユニバースの出演者とも深い親交があるようだ。

サム・ロックウェル、フィル・コールソン役俳優も復活希望

『スリー・ビルボード』での演技で、サムは第90回アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされている。その役柄や自身の仕事について、米The Hollywood Reporter誌のインタビューを受けた彼は、「ジャスティン・ハマー役を再び演じることに興味はありますか?」と尋ねられているのだ。サムは「もちろん!」と答えた後、スーパーヒーローたちとの交友関係を明かしている。

「あのフランチャイズには最高の仲間たちがいますから。ジェレミー・レナー(ホークアイ役)は良い友達だし、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ役)やマーク・ラファロ(ハルク役)も友人ですよ。ロバート・ダウニー・Jr.(アイアンマン役)はいつも楽しい人だし。僕とクラーク・グレッグ(フィル・コールソン役)を復帰させてほしいですね。すごく楽しいと思いますよ。」

マーベル・シネマティック・ユニバースの黎明期を支えたフィル・コールソンは、『アベンジャーズ』(2012)で退場したのち、今ではドラマ『エージェント・オブ・シールド』の主人公として活躍中。ただし、映画には一切登場していない。
フィルを演じたクラークは映画監督としても活躍しており、代表作『セックス・クラブ』(2008)や『トラスト・ミー(原題:Trust Me)』(2013)にサムが出演するなど、どうやら二人はかなり仲良しのようである。

サムは『アイアンマン2』のあと、短編映画シリーズ「マーベル・ワンショット」の一本『王は俺だ』(2014)でベン・キングズレーと共演。その後、マーベル・シネマティック・ユニバース作品には出演していない。一連の集大成となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に登場している可能性もゼロではないが、この口ぶりから察するに、あまり期待はできないだろう……。

いずれにせよ再登場が実現すれば、その卓越した演技によって、きっと作品にさらなる厚みが出ることは確かだ。リップサービスにせよ興味を示していることに違いはないわけで、マーベル・スタジオにはぜひ前向きな検討をお願いしたい。

Source: https://www.hollywoodreporter.com/news/three-billboards-star-sam-rockwell-his-antihero-character-friendship-woody-harrelson-snl-f-bomb-1082206
Eyecatch Image: Photo by Gordon Correll https://www.flickr.com/photos/gdcgraphics/8279227257/ Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。