Menu
(0)

Search

【ネタバレ】「ロキ」第5話のアイツ、ソー役クリス・ヘムズワースの新録だった

「ロキ」
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマロキ第5話では、様々なイースターエッグ(小ネタ)が登場する。このひとつのため、クリス・ヘムズワースがわざわざ新規収録を行っていたようだ。

この記事には、ドラマ「ロキ」第5話『未知への旅』のネタバレが含まれています。

「ロキ」第5話では、“虚無”の世界に飛ばされたロキが、別の変異体らと出会い、行動を共にする。彼らの地下部屋に移動するためハッチを降りるシーンでは、ムジョルニアと、カエルに変えられたソーの変異体がビンの中で跳ねている様子が描かれている。このカエルは“Throg”と呼ばれる個体であることは、こちらの記事でご紹介したとおりだ。

このシーンでは「うわぁぁぁ!」というカエルの叫び声が聞こえるが、実はこれ、ちゃんとソー役のクリス・ヘムズワースが新たに声を収録したものなのだそうだ。

このわずかなカメオ登場のために、クリス・ヘムズワースはカエルの叫び声のレコーディングを行ったらしい。「(過去の音声を)リサイクルしたのではなく、彼が録音したんですよ」と、「ロキ」ケイト・ヘロン監督はインタビューで明らかにしている。

一体ヘムズワースはどんな説明を受けてレコーディングを行うことになったのだろう?「カエルになったソーがビンの中で叫んでいるので、声をください」なんて依頼されていたのだとしたら、通常の俳優ならチンプンカンプンだろう。もっとも、ヘムズワースが撮影中の次回作『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』では、監督のタイカ・ワイティティが「もしこの映画の内容を文字で書き出したら、意味わからんと思います」と言うくらいクレイジーな内容。「カエルになったソーが……」と言われても、もはやヘムズワースは「なんでもござれ」な思いだったかもしれない。

あわせて読みたい

Source:ScreenRant

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly