Menu
(0)

Search

「ロキ」スタントウーマン、現場でトム・ヒドルストンに救われた

マーベル ドラマ「ロキ」
(C)2021 Marvel

「“トム・ヒドルストンは紳士で優しい人間”という逸話にひとつ追加させてもらいます。彼は去年、私が撮影現場でパニック発作を起こしたときに、無意識に私を助けてくれたんです」。

マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマ「ロキ」の撮影で、主演のトム・ヒドルストンが共演者に紳士的な振る舞いを見せた場面があったのだという。そう話すのは、「ロキ」ソフィア役のスタントダブルを務めたスタントウーマンのブリアナ・ダーネルだ。

この投稿をInstagramで見る

Briana Darnell(@theladynerd)がシェアした投稿

ダーネルが自身のInstagramで振り返ったのは、「ロキ」第4話の撮影時のこと。脳障害を患うダーネルは現場で症状が再発してしまい、集中力を失い、リハーサルをした振り付けを思い出すことができなくなったのだという。「そのせいでトムも演技を止めることになってしまい、私に何をすべきか、どこに行くべきかを指示しなければならないほど、ひどいことになってしまったんです。私は、自分は優秀だと自負していたので、ものすごく恥ずかしかった。でも、基本的な振り付けすらも思い出せなくなったんです」。

大切な撮影の進行を止めてしまったことで、ダーネルはパニックを起こしてしまったという。するとトムは……。

「突然、私の肩を持って、ただただ優しい目で、1分間じっと見つめてくれたんです。後から気付いたことなのですが、もともとそういうシーンがあって、トムはただそうしただけだったのかもしれません。でも、どういうわけか、彼が無意識のうちに、私が慰めを必要としていると察してくれたような気がするんです。」

普段から人と触れ合うことが好きだというダーネルだが、「コロナ禍でそれも難しくなってしまった」。しかし、トムが肩に手をやり、優しく見つめてくれたおかげで、ダーネルの泣き出しそうなパニックは収まり、なんとか撮影を続行することができたのだという。

「トムがわざとそうしてくださったのかどうかは、わかりません。けれど、彼のことはずっと感謝し続けます。」

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly