Menu
(0)

Search

Netflixドラマ「ロスト・イン・スペース」シーズン3で完結 ─ 「初めから3部作構想、大興奮の結末に」

ロスト・イン・スペース
Netflixオリジナルシリーズ「ロスト・イン・スペース」シーズン1~2 独占配信中 [Courtesy of Netflix]

1960年代のドラマシリーズ「宇宙家族ロビンソン」をリメイクしたNetflixオリジナルシリーズ「ロスト・イン・スペース」が、2021年配信予定のシーズン3をもって終了することがわかった。米Varietyなどが報じている。

現在から約30年後の近未来が舞台の本シリーズでは、新天地を求めて宇宙へと出発したものの、過酷な環境の未知の惑星に不時着してしまったロビンソン一家が、生き残りを懸けた戦いに挑む姿が描かれる。2018年4月に米国での配信を開始したシーズン1は、配信初日に300万人を超える視聴者数を叩き出すという好発進を決めた。

製作総指揮を務めるザック・エストリンいわく、ロビンソン一家の物語は「初めから3部作構想で考えていた」ものだという。ファイナル・シーズンについて、ザックは「ロビンソン一家や乗組員のドン、ドクター・スミス、そしてロボットたち皆が力を合わせて生き残ろうとしてきました。『ロスト・イン・スペース』は大興奮の結末に向かっています」とコメントしている。

ちなみにザックは、本作とは異なるテレビシリーズを開発するため、新たに数年間の包括契約をNetflixと結んでいる。「この先にある素晴らしい可能性を目指して、Netflixの仲間たちと新たな物語を探求することにワクワクしています」との意気込みも語られた。

「ロスト・イン・スペース」では、ザックのほか、製作に『パシフィック・リム』シリーズのジョン・ジャシュニ、『パワーレンジャー』(2017)『モービウス』(2020年公開)のバーク・シャープレスらが就任。メインキャストとして『ハンターキラー 潜航せよ』(2018)のトビー・スティーブンス、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」(2013-2018)のモリー・パーカー、『エスケープ・ルーム』(2019)のテイラー・ラッセル、『運び屋』(2018)のイグナシオ・セリッチオらが出演している。

Netflixオリジナルシリーズ「ロスト・イン・スペース」シーズン1~2 独占配信中

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly