Menu
(0)

Search

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』キャスト&吹替声優まとめ ─ ジェフ・ゴールドブラム&ジュリアン・ムーア&ヴィンス・ヴォーンら勢揃い

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
©MCA Universal Pictures 写真:ゼータイメージ

スティーブン・スピルバーグ監督が手掛けた、現代に甦った恐竜と人間たちの戦いを描く『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997)。シリーズ2作目となる本作では、テーマパークで起こった悲劇から数年後の世界が舞台となっており、アメリカ・サンディエゴの街で野生化した恐竜たちが人間に容赦なく襲いかかっていく。

の恐怖から生還したイアン・マルコムが、本作では主人公として帰ってきた。キャストにはジェフ・ゴールドブラムがマルコムとして続投するほか、ジュリアン・ムーアやヴィンス・ヴォーン、ピーター・ストーメアなど実力派俳優陣が名を連ねている。本記事では出演者・吹替声優が歩んできたこれまでの経歴を簡単に紹介したい。

ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム役)

ジェフ・ゴールドブラム
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36243149275/

1952年、アメリカ・ピッツバーグ出身。17歳で俳優を志して、アメリカ・ニューヨークに引越し演劇界で活動を開始した。『狼よさらば』(1974)で映画初出演を飾り、ロバート・アルトマンにスカウトされる形で、『ジャックポット』(1974)『ナッシュビル』(1975)に立て続けに出演。デヴィッド・クローネンバーグによる『ザ・フライ』(1986)にて一躍有名となる。『ジュラシック・パーク』(1993)ではメインキャストのひとりとして出演し、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』では主演を務めた。

そのほかの代表作には、『インデペンデンス・デイ』シリーズをはじめ、『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『犬ヶ島』(2018)などがある。今後の作品としては、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』(2022年夏に公開予定)や、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』(2022年5月6日に米国公開予定)などが待機中だ。

吹替版声優 大塚芳忠

ヴィゴ・モーテンセン、ジェフ・ゴールドブラム、ドニー・イェン、ジャン=クロード・ヴァン・ダムらの吹替で知られる。ほかアンディ・ガルシアやレイ・リオッタ、ウディ・ハレルソンの出演作品も担当してきた。『マトリックス』シリーズでヒューゴ・ウィーヴィング(エージェント・スミス役)や、『007』シリーズのティモシー・ダルトン(ジェームズ・ボンド役)の吹替でも有名。アニメでは、「NARUTO -ナルト-」自来也役や、『鬼滅の刃』鱗滝左近次役、「ゴールデンカムイ」鶴見中尉役、「SLAM DUNK」仙道彰役などで知られている。

ジュリアン・ムーア(サラ・ハーディング役)

ジュリアン・ムーア
Photo by nicolas genin https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Julianne_Moore_66%C3%A8me_Festival_de_Venise_(Mostra)_color.jpg

1960年、アメリカ/ノース・キャロライナ出身。ボストン大学卒業後、ニューヨークでオフ・ブロードウェイやテレビで役者として活躍を開始した。『フロム・ザ・ダークサイド/3つの闇の物語』(1990)で映画初出演を果たす。カーティス・ハンソンによる『ゆりかごを揺らす手』(1992)、ルイ・マルによる『42丁目のワーニャ』(1994)、トッド・ヘインズによる『SAFE』(1995)など錚々たる監督の作品に出演を重ねていく。

ポール・トーマス・アンダーソンによる『ブギーナイツ』(1997)ではアカデミー賞助演女優賞、ニール・ジョーダンによる『ことの終わり』(1999)では主演女優賞の候補入りを果たした。トッド・ヘインズによる『エデンより彼方に』(2002)では、ヴェネツィア国際映画祭の女優賞に輝く。スティーブン・ダルドリーによる『めぐりあう時間たち』(2002)では、ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞。いずれの作品でもまた、アカデミー賞主演・助演女優賞の候補入りを果たしている。

そのほかは、ジョエル&イーサン・コーエンによる『ビッグ・リボウスキ』(1998)、ガス・ヴァン・サントによる『サイコ』(1998)、ポール・トーマス・アンダーソンによる『マグノリア』(1999)、アルフォンソ・キュアロンによる『トゥモロー・ワールド』(2006)、トム・フォードによる『シングルマン』(2009)など錚々たる監督の作品に出演。デヴィッド・クローネンバーグによる『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(2014)ではカンヌ国際映画祭の女優賞を受賞し、世界三大国際映画祭を制した女優となった。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly