Menu
(0)

Search

『ジュラシック・パーク』続編情報まとめ ─ 最新作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』とは

ジュラシック・ワールド/ドミニオン
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

マイケル・クライトン原作、スティーブン・スピルバーグによる『ジュラシック・パーク』シリーズが、2022年夏に究極の集大成を迎える。『ジュラシック・ワールド』の第3作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』が、いよいよお目見えとなるのだ。

この作品には、『ジュラシック・ワールド』でおなじみオーウェン・グレイディ役のクリス・プラット、クレア・ディアリング役のブライス・ダラス・ハワードだけでなく、『ジュラシック・パーク』(1993)からアラン・グラント役のサム・ニール、エリー・サトラー役のローラ・ダーン、そしてイアン・マルコム役のジェフ・ゴールドブラムが復帰。本記事では、まさしく世紀の一大イベントとなる本作の情報をご紹介していこう。

『ジュラシック・ワールド』最新作、シリーズの集大成に

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』の脚本・監督を務めるのは、『ジュラシック・ワールド』(2015)を手がけたコリン・トレボロウ。本作のサブタイトルである「ドミニオン(Dominion)」とは「支配」「統治」の意だ。

前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)では、パーク内の恐竜たちが現実世界に解き放たれ、世界に大きな変化が訪れた。翌2019年には、“その後”を描いた短編『Battle at Big Rock』が公開されている。これらの作品は、公開年と同じく2018年・2019年が舞台であり、新作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』も同じく2022年の物語であることが判明済みだ。すなわち、『炎の王国』からは4年が経過していることになる。

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

本作で具体的にどんな物語が描かれるのかはわかっていないが、トレボロウ監督によると、『ジュラシック・ワールド』チームであるオーウェン&クレアと、『ジュラシック・パーク』のレジェンド・チームであるアラン&エリー&イアンの物語は並行して進んでいく模様。両者は全編にわたって活躍し、それぞれのストーリーラインがどこかで交錯する、一種の群像劇となりそうだ。

もちろん、監督の狙いは大きい。「これまで語られてきた、ひとつの物語の集大成に」明言されているように、本作はおなじみのキャラクターの登場だけでなく、『ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』シリーズすべての総決算となる。「大切なのは『ドミニオン』を観た後、『ジュラシック・パーク』シリーズがどれだけ大きな物語を描き、それがこの作品で起こる出来事にどう繋がったのかがわかること」。言い換えれば、今の子どもたちがシリーズの全6作品を観た時、ひとつの長い物語のように感じられることだったという。

そのためにトレボロウ監督は、オリジナルメンバーを揃って復帰させるべく、「かつてのキャラクターが自然な形で登場する」物語を目指した。レジェンド・チームの3人は、なぜ本作に揃って再登場するのか? 現在の3人はどんな人物になっており、『炎の王国』以後の世界をどう理解しているのか?

さらに本作には、シリーズ第1作『ジュラシック・パーク』から、インジェン社のライバル企業バイオシン・コーポレーションの遺伝学者兼スパイとして暗躍したルイス・ドジスンも再登場する。演じるのはキャメロン・ソアに代わり、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどのキャンベル・スコット。原作小説では映画以上に出番の多い人物で、今回は“バイオシン社の社長”として登場するともいわれている。

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

ちなみに『ジュラシック・ワールド』シリーズからは、調教師バリー・センベーヌ役のオマール・シー、恐竜保護団体「DPG」のメンバーであるフランクリン・ウェブ役のジャスティス・スミス、ジア・ロドリゲス役のダニエラ・ピネダ、そしてロックウッド家の少女メイジー役のイザベラ・サーモンが続投する。恐竜オタクのロウリー・クルーザースも再登場予定だったが、演じるジェイク・ジョンソンのスケジュールがコロナ禍のために合わなくなり、出演は叶わなくなった

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly