Menu
(0)

Search

デヴィッド・リンチ初の自伝本『夢みる部屋』発売 ─ 映画・アート・音楽・人生、すべて語り尽くす

ツイン・ピークス」シリーズや『イレイザーヘッド』(1977)『マルホランド・ドライブ』(2001)などで知られる鬼才にして名匠、デヴィッド・リンチ初の自伝『夢みる部屋』が2020年10月24日(土)に発売される。

本書は、比類なきビジョンを追求し続けてきたリンチによる映画・アート・音楽など、さまざまな“創作人生”と、リンチ自身の直面してきた苦悩や葛藤が明かされる、初めての伝記と回想録を融合させる試みだ。

 

共著者のクリスティン・マッケナによる評伝は、元妻や家族、友人、俳優、代理人、そして映画づくりで協働する同僚たち、総勢100人以上による驚くほど率直なインタビューから、パーソナルな「人間・リンチ」を浮き彫りにする。そしてリンチ自身による回想は叙情的で親密、そしてタブーなく全てを赤裸々に語る──過激なユーモアも忘れない──パーソナルな考察であり、リンチの美的感覚や人生哲学にあふれている。

鮮烈なデビュー作『イレイザーヘッド』から、出世作『ブルーベルベット』(1986)、テレビシリーズ「ツインピークス」(1990-1991)、『ロスト・ハイウェイ』(1997)、最新作「イン・ピークス The Return(邦題:リミテッド・イベント・シリーズ)」(2017)まで、リンチの全映画作品やデビュー前の初期作品、知る人ぞ知る短編、コマーシャル、そして企画が頓挫した作品まで、すべてを語り尽くすファン必携の一冊だ。

『夢みる部屋』

書名 『夢みる部屋』
著者 デイヴィッド・リンチ、クリスティン・マッケナ
訳・解説 山形浩生
発売日 2020年10月24日(土)
判型/ページ数 A5判・上製/704頁
価格 本体 4,500円+税
ISBN 978-4-8459-1829-4
出版社 フィルムアート社
あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly