Menu
(0)

Search

チャドウィック・ボーズマン遺作『マ・レイニーのブラックボトム』米ポスター公開、主要キャストをひとりずつ

https://www.instagram.com/p/CGYNKz1AqN1/

2020年8月28日に逝去した、『ブラックパンサー』(2018)チャドウィック・ボーズマンの遺作となる映画『マ・レイニーのブラックボトム』が2020年12月18日(金)に配信される。このたび、Netflixが米国版ポスタービジュアルを公開している。

この投稿をInstagramで見る

Netflix Film(@netflixfilm)がシェアした投稿

1920年代のシカゴ。ある暑い日の午後、“ブルースの母”の異名を持つ歌手、マ・レイニー (ヴィオラ・デイヴィス)のレコーディングが行われようとしていた。ところがバンドメンバーたちの間には揉め事の火種がくすぶり、当のマ・レイニーも白人のマネージャー&プロデューサーと楽曲制作の主導権をめぐって対立。トランペッターのレヴィー (チャドウィック・ボーズマン)は楽曲に現代的な解釈を施し、実力を認められたいという野心に燃えていた。リハーサル室での待機中、レヴィーは過去や真実、嘘を語り始める。それらはバンドの運命を決定的に変えることになり……。

公開されたポスターは、マ・レイニーとバンドメンバーをそれぞれデザインしたもの。マ・レイニー役を演じる『フェンス』(2016)『スーサイド・スクワッド』(2016)のヴィオラ・デイヴィス、レヴィー役のチャドウィック・ボーズマンのほか、トレド役のグリン・ターマン、ダッシー・メイ役のテイラー・ペイジ、シルヴェスター役のダサン・ブラウン、カトラー役の『ビール・ストリートの恋人たち』(2019)コールマン・ドミンゴ、スロー・ドラッグ役の「TRUE DETECTIVE」(2014)のマイケル・ポッツが登場している。

ピューリッツァー賞受賞に2度輝く劇作家、オーガスト・ウィルソンの同名戯曲を映画化したのは、『サヨナラの代わりに』(2014)や数々の舞台演出を手がけるジョージ・C・ウルフ監督。プロデューサーは『フェンス』(2016)でアカデミー賞を受賞したデンゼル・ワシントンらが務め、音楽はグラミー賞受賞のブランフォード・マルサリスが担当。脚本はルーベン・サンチャゴ=ハドソンが執筆した。

Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』は2020年12月18日(金)全世界独占配信

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly