Menu
(0)

Search

ブラッドリー・クーパーが老年姿に変貌、Netflix『マエストロ』場面写真が初公開 ─ スコセッシ&スピルバーグが製作担当

https://www.instagram.com/p/CeL7qNfMDNO/

ブラッドリー・クーパー主演・監督最新作、Netflix映画『Maestro(原題)』より場面写真が初公開された。マーティン・スコセッシスティーブン・スピルバーグがプロデューサーを務める注目作だ。

本作はブラッドリー・クーパーにとって、『アリー/スター誕生』(2018)に続く監督作となる。メガホンもとるクーパーが演じるのは、20世紀後半を代表する作曲家・指揮者のレナード・バーンスタイン。ミュージカル『ウエスト・サイド物語』や映画『波止場』(1954)などの音楽を手がけたことでも知られている人物で、本作ではその偉大な作曲家の生涯に迫る。

物語の詳細については不明だが、既報によると本作は、レナード・バーンスタインの若き日から30年以上にまたがる「美しく、複雑な物語」になるとのこと。またバーンスタインの妻で女優、フェリシア・モンテアレグレとの関係にも焦点を当てた内容になると伝えられていた。その妻役を演じるのは、『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020)などのキャリー・マリガンだ。

2022年5月より撮影中の本作より公開された場面写真では、バーンスタインとモンテアレグレの若き日の姿、およびにバーンスタインが歳を重ね、さらに貫禄に溢れた姿が確認できる。この本物にしか見えない白髪や肌感はもちろんだが、これがブラッドリー・クーパー本人であるとも信じがたいほどの変貌ぶりだ。また写真では、若き日の時代はモノクロ、その後の時代はカラーというフォーマットでとらえられているが、劇中でも同様の展開となるのか気になるところである。

キャストにはほか、「ホワイト・カラー」(2009-2014)『ボーイズ・イン・ザ・バンド』(2020)などのマット・ボマー、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016−)をはじめ、『メインストリーム』(2020)などでおなじみのマヤ・ホークが参加している。ホークはバーンスタインとモンテアレグレの娘役として登場するとも報じられていた

ブラッドリー・クーパーとともに脚本を執筆したのは、ジョシュ・シンガー。『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)のほか、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)などを手がけた実話映画の名手である。

なお本作は、2023年に配信が見込まれている。『アリー/スター誕生』に続き、アカデミー賞を視野に入れるのであれば、少なくとも配信・公開時期は上半期ではなく下半期となりそうだ。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly