Menu
(0)

Search

『マジック・マイク』第3作が決定 ─ チャニング・テイタム主演、スティーブン・ソダーバーグ監督復帰へ

マジック・マイク
© Warner Bros.|写真:ゼータイメージ

『マジック・マイク』シリーズ最新作、『Magic Mike’s Last Dance(原題)』が製作されることが発表された。チャニング・テイタムが主演として続投し、スティーブン・ソダーバーグが1作目以来の監督復帰を果たす。Deadlineが報じている。

本作は、『マジック・マイク』(2012)『マジック・マイク XXL』(2015)につづくシリーズ第3作。チャニング・テイタムがストリッパーとして働いていた体験談を基に、メンズのストリッパーの世界を描いた作品だ。HBO Maxのオリジナル作品となる本作の詳細は明かされていないが、リード・カロリンが引き続き脚本・製作を兼任する。『マジック・マイク XXL』でメガホンをとったグレゴリー・ジェイコブズは、プロデューサーとしてシリーズに復帰する予定だ。チャニング・テイタム以外の出演者や、製作時期については発表されていない。続報に期待しよう。

この投稿をInstagramで見る

Channing Tatum(@channingtatum)がシェアした投稿

『マジック・マイク』シリーズは、映画だけでなく舞台化、「Finding Magic Mike(原題)」というコンペティション番組まで製作されている。このコンペティション番組の予告編はすでに米国公開されており、2021年12月16日よりHBO Maxにて米国配信予定だ。

ちなみにチャニング・テイタムは今後の出演作として、主演&初監督作『Dog(原題)』をはじめ、サンドラ・ブロックとの共演作『The Lost City(原題)』の公開が待機しているほか、トム・ハーディ共演、アフガニスタンの避難民を題材にした実話映画への出演を控えている

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly