Menu
(0)

Search

ジェームズ・ワン監督新作ホラーに『アナベル 死霊博物館』マッケナ・グレイスが出演へ ─ 『キャプテン・マーベル』『ゴーストバスターズ』話題作続く人気子役

Mckenna Grace マッケナ・グレイス
FayesVision/WENN.com 写真:ゼータイメージ

『死霊館』シリーズ『アナベル 死霊博物館』(2019)主演のマッケナ・グレイスが、同シリーズ生みの親であるジェームズ・ワン監督の新作ホラー映画『Malignant(原題)』に出演することがわかった。米Deadlineが報じた。

あらすじ不明の本作には、『死霊館』シリーズ出演メンバーのアナベル・ウォーリス、イングリット・ビスに加え、『アイ・ソー・ザ・ライト』(2015)マディー・ハッソン、『パーシー・ジャクソン』シリーズのジェイク・アベル、ドラマシリーズ「Containment」(2016)のジョージ・ヤングらの出演が決定している。製作には、ワン監督と数々のホラー作品でタッグを組んだマイケル・クリアが就任。脚本は、ワン監督とビスの原案を基に、「アメリカン・ホラー・ストーリー」(2011-)「ルーク・ケイジ」(2016-2018)のアケラ・クーパーらが手掛ける。ワン監督は製作を兼任する。

グレイスは、『gifted/ギフテッド』(2017)でクリス・エヴァンスと親子役で共演したり、『キャプテン・マーベル』(2019)で13歳のキャロル・ダンバース(ブリー・ラーソン)を演じたりと、数々の話題作に出演。今後は『ゴーストバスターズ/アフターライフ』が控えるなど、ハリウッド大注目の子役の1人だ。

『ソウ』シリーズなど、ホラー畑出身のワン監督は近年、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)『アクアマン』(2018)など大作アクション映画を手がけた。本作では『死霊館 エンフィールド事件』(2016)以来、約4年ぶりのホラージャンルの監督復帰となる。

映画『Malignant(原題)』は、2020年8月14日米国公開予定。

Source:Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly