マーベル&20世紀フォックス『デッドプール』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』登場キャラを交換していた

映画『デッドプール』の脚本を執筆したレット・リースが、同作の製作中、マーベルと20世紀フォックスがキャラクターを「交換」していたことを明かした。権利の都合でキャラクターを行き来させられない両社の“雪解け”を思わせるニュースだ。

映画化権をめぐる「厚い壁」

おなじみマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、マーベル・スタジオ主導で映画が製作されているシリーズである。しかしコミック『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』は、映画化権を20世紀フォックスが保有しているため、マーベル・スタジオは映画版を製作できない。そればかりか両作のキャラクターはMCUに原則登場できないのである。

ちなみに、ソニー・ピクチャーズが映画化権を保有するスパイダーマンの場合、ソニーとマーベル・スタジオが提携することによって、スパイダーマンはMCUに参入することができた。しかしマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、20世紀フォックスとの提携に慎重な姿勢を崩しておらず、両社間にはいまだ「厚い壁」が存在するという。しかし今回の「キャラクター交換」エピソードには、両社の“悪くない”関係が垣間見えはしないだろうか。

『デッドプール』設定変更、『GOTG』には登場権

キャラクター交換のきっかけは、『デッドプール』脚本家のレット・リース&ポール・ワーニックが登場キャラの設定を変更したがったことだった。

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドの能力を変更するために、フォックスは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』新作に登場するカート・ラッセル(イーゴ・ザ・リビングプラネット役)をマーベルに譲ったんだ」

『デッドプール』に登場したネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドは、ブリアナ・ヒルデブランドが演じた、X-MENの訓練生である坊主頭の少女だ。爆発の特殊能力を持つキャラクターだったが、コミックではサイコキネシスを操るキャラクターである。

もともと『デッドプール』の脚本初稿には、銃と刀のアクションが多く含まれており、ウォーヘッドは登場すらしていなかった。しかしティム・ミラー監督が「もっとスーパーヒーロー・パワーが見たい」と意見したことで、脚本家ふたりは「名前がカッコいい」という理由からウォーヘッドの登場を決めたという。しかも「ウォーヘッド(=弾頭)」という名前に合わせて、彼女の能力を変更したいと考えたのだ。

しかしキャラクターの設定を大きく変更するにはマーベルの許可が必要だったのだろう。ウォーヘッドの設定を変更するかわりに、20世紀フォックスは、イーゴ・ザ・リビングプラネットをマーベル主導の映画に登場させることを認めたようだ。

イーゴ、「ファンタスティック・フォー」のキャラクターだった

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』に登場するイーゴ・ザ・リビングプラネットは、主人公であるピーター・クイル(クリス・プラット)の父親だ。あまりにキーパーソンすぎる設定のため、実は筆者も『ガーディアンズ~』のキャラだと信じて疑わなかったのだが、どうやらそうではなかったらしい。

イーゴがコミックに初登場したのは、1966年の「ソー」#132-133だった。しかしキャラクターとしてのオリジンは「ファンタスティック・フォー」で描かれたため、「ファンタスティック・フォー」のキャラクターとしてカウントされていたのである。したがってその映画化権も20世紀フォックスが保有していたのだ。

ちなみに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』のジェームズ・ガン監督も、マーベルと20世紀フォックスが「ウォーヘッドの設定」と「イーゴの登場」を交換したことを認めている。

https://twitter.com/JamesGunn/status/798282197702569985

果たして、この交換は両社間の「厚い壁」を動かすきっかけとなるのだろうか? 『X-MEN』がリブートされるという噂もあることだし、このタイミングで念願のクロスオーバーが実現すると嬉しいのだが……。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』は2017年5月27日公開予定

【噂】『X-MEN』ついにリブート!シリーズが直面する「3つの転機」とは?一方で『デッドプール3』が始動

sources: http://theplaylist.net/ryan-reynolds-paul-wernick-talk-deadpool-sequel-surprising-link-guardians-2-20161114/
http://comicbook.com/2016/11/14/deadpool-guardians-galaxy-2-connection-ego-planet-negasonic-warh/
http://www.cinemablend.com/new/How-Deadpool-Changed-Negasonic-Teenage-Warhead-Why-It-Was-OK-111577.html
Eyecatch Image: http://www.cosmicbooknews.com/content/marvel-fox-traded-characters-deadpool-and-guardians-galaxy-2

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。