Menu
(0)

Search

マーベル&20世紀フォックス『デッドプール』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』登場キャラを交換していた

映画『デッドプール』の脚本を執筆したレット・リースが、同作の製作中、マーベルと20世紀フォックスがキャラクターを「交換」していたことを明かした。権利の都合でキャラクターを行き来させられない両社の“雪解け”を思わせるニュースだ。

映画化権をめぐる「厚い壁」

おなじみマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、マーベル・スタジオ主導で映画が製作されているシリーズである。しかしコミック『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』は、映画化権を20世紀フォックスが保有しているため、マーベル・スタジオは映画版を製作できない。そればかりか両作のキャラクターはMCUに原則登場できないのである。

ちなみに、ソニー・ピクチャーズが映画化権を保有するスパイダーマンの場合、ソニーとマーベル・スタジオが提携することによって、スパイダーマンはMCUに参入することができた。しかしマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、20世紀フォックスとの提携に慎重な姿勢を崩しておらず、両社間にはいまだ「厚い壁」が存在するという。しかし今回の「キャラクター交換」エピソードには、両社の“悪くない”関係が垣間見えはしないだろうか。

『デッドプール』設定変更、『GOTG』には登場権

キャラクター交換のきっかけは、『デッドプール』脚本家のレット・リース&ポール・ワーニックが登場キャラの設定を変更したがったことだった。

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドの能力を変更するために、フォックスは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』新作に登場するカート・ラッセル(イーゴ・ザ・リビングプラネット役)をマーベルに譲ったんだ」

『デッドプール』に登場したネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドは、ブリアナ・ヒルデブランドが演じた、X-MENの訓練生である坊主頭の少女だ。爆発の特殊能力を持つキャラクターだったが、コミックではサイコキネシスを操るキャラクターである。

もともと『デッドプール』の脚本初稿には、銃と刀のアクションが多く含まれており、ウォーヘッドは登場すらしていなかった。しかしティム・ミラー監督が「もっとスーパーヒーロー・パワーが見たい」と意見したことで、脚本家ふたりは「名前がカッコいい」という理由からウォーヘッドの登場を決めたという。しかも「ウォーヘッド(=弾頭)」という名前に合わせて、彼女の能力を変更したいと考えたのだ。

しかしキャラクターの設定を大きく変更するにはマーベルの許可が必要だったのだろう。ウォーヘッドの設定を変更するかわりに、20世紀フォックスは、イーゴ・ザ・リビングプラネットをマーベル主導の映画に登場させることを認めたようだ。

イーゴ、「ファンタスティック・フォー」のキャラクターだった

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』に登場するイーゴ・ザ・リビングプラネットは、主人公であるピーター・クイル(クリス・プラット)の父親だ。あまりにキーパーソンすぎる設定のため、実は筆者も『ガーディアンズ~』のキャラだと信じて疑わなかったのだが、どうやらそうではなかったらしい。

イーゴがコミックに初登場したのは、1966年の「ソー」#132-133だった。しかしキャラクターとしてのオリジンは「ファンタスティック・フォー」で描かれたため、「ファンタスティック・フォー」のキャラクターとしてカウントされていたのである。したがってその映画化権も20世紀フォックスが保有していたのだ。

ちなみに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』のジェームズ・ガン監督も、マーベルと20世紀フォックスが「ウォーヘッドの設定」と「イーゴの登場」を交換したことを認めている。

果たして、この交換は両社間の「厚い壁」を動かすきっかけとなるのだろうか? 『X-MEN』がリブートされるという噂もあることだし、このタイミングで念願のクロスオーバーが実現すると嬉しいのだが……。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』は2017年5月27日公開予定

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”gotg” sort=”random_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”12″ custom_title=”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー” custom_url=”https://theriver.jp/tag/gotg/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

sources: http://theplaylist.net/ryan-reynolds-paul-wernick-talk-deadpool-sequel-surprising-link-guardians-2-20161114/
http://comicbook.com/2016/11/14/deadpool-guardians-galaxy-2-connection-ego-planet-negasonic-warh/
http://www.cinemablend.com/new/How-Deadpool-Changed-Negasonic-Teenage-Warhead-Why-It-Was-OK-111577.html
Eyecatch Image: http://www.cosmicbooknews.com/content/marvel-fox-traded-characters-deadpool-and-guardians-galaxy-2

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly