マーベル『インヒューマンズ』ドラマ化決定!IMAXで世界上映、その後テレビ放送という前代未聞の形態に

本日、マーベルはコミック「インヒューマンズ」をテレビドラマ化すると発表した。タイトルはそのまま『インヒューマンズ』で、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』と同様、ABC局が製作と放送を担当する。しかも、本作は全世界の映画館でIMAX上映されることが決定しているのだ。

「インヒューマンズ」とは

インヒューマンズとは、さまざまな特殊能力を有する超人種族のこと。初めてコミックに登場したのは、1965年にスタン・リーとジャック・カービーが執筆した「ファンタスティック・フォー」#45だ。のちに人気を獲得し、単独のコミック・シリーズなども多数執筆されている。マーベル・シネマティック・ユニバースでは、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』でその存在は紹介済み。2019年に映画化される予定だったが、製作が白紙となってからは動向がわからなくなっていた。ドラマ『インヒューマンズ』は、惑星を破壊できるほどの声の持ち主・ブラックボルトらの「語られざる冒険」を描くストーリーになるという。

inhumans

http://www.slashfilm.com/who-are-the-inhumans/3/

前代未聞、テレビ放送&IMAX上映

マーベルによると、ドラマ『インヒューマンズ』は全編をIMAXカメラで撮影する予定。ABC局によるテレビ放送は2017年冬の予定だが、本放送に先がけて、第1話・第2話が全世界のIMAXシアターで公開されるという。2017年9月上旬2週間限定で上映されるようだが、日本にも上陸してくれるだろうか?

ディズニー|ABCテレビジョン・グループのベン・シャーウッド氏は、ドラマ『インヒューマンズ』について「素晴らしいTVコンテンツの始動にあたり、大胆かつ革新的なアプローチを世界の観客に示せる」ものと語っている。またIMAX社CEOのリッチ・ゲルフォント氏は「次なるレベルに到達し、ともに業界で新たな地平を切り開くには、ウォルト・ディズニー・カンパニーとの数十年にわたる関係性を要する」と述べ、今後さらなる企画への展望を示唆した。

なお『インヒューマンズ』は、IMAXがテレビドラマに出資する初めてのケースとなる。企業やメディアを超えて拡大し続けるマーベル・シネマティック・ユニバース、今後の展開からも目が離せない。

ワーナー「IMAX上映作品ラインナップ」発表!DC映画、ノーラン&スピルバーグ新作、『ゴジラ』『ブレードランナー』続編など

source: http://marvel.com/news/tv/26993/marvels_the_inhumans_coming_to_imax_abc_in_2017
Eyecatch Image: http://comicbook.com/2016/04/23/marvels-inhumans-no-longer-has-a-release-date/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。