Menu
(0)

Search

コミック「マーベル・ゾンビーズ」実写化の可能性、『シビル・ウォー』マーク・ミラーが証言 ─ 「情報源が正しければ」と慎重な姿勢

「ホワット・イフ…?」
(C)2021 Marvel

マーベル・コミックより発行されている「マーベル・ゾンビーズ」シリーズの実写化が、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を手がけるマーベル・スタジオで企画されている可能性をコミックライターのマーク・ミラーが明かした

「マーベル・ゾンビーズ」は、2005年にミラーがグレッグ・ランドと共同で手がけたコミック『アルティメット・ファンタスティック・フォー』のエピソードで初登場して以降、シリーズ化されている。タイトルどおり、ストーリーに登場するヒーロー、ヴィランがゾンビという設定で、マーベル作品のなかでは異色を放ったシリーズだ。

ベテランのコミックライターにして映画業界にも通じているミラーによれば、そんな「マーベル・ゾンビーズ」が実写化されるかもしれないという。自身の公式ウェブサイトから定期的にニュースレターを購読者に送っているミラーは、最新のメールで「私の情報源が正しければですが」と前置きながら、「ちょっとした『マーベル・ゾンビーズ』の実写版が遠い未来で作られるみたいです」と綴ったのだ。

これまで「マーベル・ゾンビーズ」の実写化は実現していない。仮にミラーの情報が正しければ、初の実写化になるが、「情報源が正しければ」と記しているあたり、ミラーもずいぶん慎重だ。またミラーは、企画が実現したとしても「私から発表されるものではない」と、自身は関与しないことも示唆している。

マーベル✕ゾンビといえば、2021年9月8日にディズニープラス(Disney+)で配信されたMCUアニメ「ホワット・イフ…?」第5話『もしも…ゾンビが出たら?』で、ゾンビになったヒーローたちが描かれたばかり。MCUでは「ホワット・イフ…?」の物語が実写作品として継続されていく可能性もあるといわれていることも含め、「マーベル・ゾンビーズ」を原作にした作品が今後登場してもおかしくはない。

あわせて読みたい

Source: Screenrant

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly