Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』脚本家、ジョージ・ルーカスのドキュメンタリー・シリーズを製作中

ジョージ・ルーカス ローレンス・カスダン
James Santelli/Neon Tommy https://www.flickr.com/photos/neontommy/6339542462/ | Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19490904678/ | Remixed by THE RIVER

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)の脚本家ローレンス・カスダンが、『スター・ウォーズ』の創造主ジョージ・ルーカスドキュメンタリー・シリーズ(タイトル未定)を製作していることがわかった。

本作の情報は、カスダンの友人で作曲家のジェームズ・ニュートン・ハワードが、ポッドキャスト「Score: The Podcast」にて明かしたもの。ハワードによると、このシリーズは全6話構成で、ジョージ・ルーカスや、彼が設立したVFX制作会社・ILM(インダストリアル・ライト&マジック)に迫るものになるという。なお、音楽をハワードが担当している。

現時点でハワードが明かした情報はこれだけで、本作にディズニー/ルーカスフィルムやジョージ・ルーカス本人が関与しているかどうかは不明。リリースの時期や形態もわかっていない。

これまで『スター・ウォーズ』やジョージ・ルーカスをめぐっては、ドキュメンタリー作品『夢の帝国 スター・ウォーズ・トリロジーの歴史』(2004)『スター・ウォーズ~伝説は語り継がれる』(2007)が公式に製作され、ILMについても『「スター・ウォーズ」から最新作まで ILMの魔法の裏側』(2015)が発表された。また、非公式ドキュメンタリー映画には『ピープルVSジョージ・ルーカス』(2010)や『エルストリー1976 ―新たなる希望が生まれた街―』(2015)などがある。

ローレンス・カスダンといえば、『帝国の逆襲』以外にも『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)の脚本を手がけ、ルーカスが製作した『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)も執筆した経歴の持ち主。『スター・ウォーズ』シリーズやルーカスに最も近い人物の一人と言えるだけに、新たな事実や知られざる一面などが引き出されることにも期待したい。

Sources: Score: The Podcast, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly