『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編要求動画、ついに最終日「DAY8」迎える

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編がなかなか公開されないとして、マーベル・エンターテインメント社を相手取り(もちろんジョークの)抗議動画を連日掲載していたパリ在住の俳優・コメディアンのカーク・デヴィーク氏(@kirkdeveyck )とジュリアン・キールマークラッジ氏より、当初予告していた最終日「DAY8」の動画が公開された。

カーク氏とジュリアン氏は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編動画の早期公開を訴え、2017年10月7日よりメッセージ・ビデオの連続投稿を開始。マーベル・スタジオ製作社長らに対し、「DAY8」の公開までに『アベンジャーズ』予告編動画を解禁すること、および同作のプレミア・イベントへの招待を要求していた。

一連の動画はTwitterでファンを中心に反響を呼び、「DAY3」動画内では当メディアTHE RIVERへの言及も行ってくれていた。

最終日となった「DAY8」動画では、繰り返し訴えられたメッセージもほどほどに、世界中のマーベル・ファンから寄せられたメッセージを取りまとめた「UNITED」な1作となっている。

「これでDAY8!」「8!」

「これで最後のビデオだ!」「THE LAST!」

「俺の名前はカーク・デヴィーク」「ジュリアン・キールマークラッジ」

「予告編は完成しているらしい!」「FINISH!」

「ポール・ベタニーがもう観たんだってよ(参考記事)」

「8日かかったぞ、マーベルよ(実際は32日)」

「まだまだプレミア招待を頼み続けてやるぞ」「YEA!」

「プレミアのチケットを2枚頼むぜ」

「(監督の)ルッソ兄弟が俺たちに答えようとしてくれた。インスタグラムにメッセージ動画を投稿してくれたんだ。(参考記事)」

「でもそれじゃ足りない」

「アサド・アヤーズ(マーベル マーケティング・エグゼクティブ)、どこにいる?」

ダスティン・サンドヴァル(Twitterで反応を示していたマーベル マーケティング・ディレクター)、どこにいる?」

「これはファンへのメッセージなんだ。俺たちはファンをハートの底から愛している」「HEART !」

「俺たちの声は届いているはずだ」

「俺たちはひとつになった」

「マーベル・ファンはひとつだ!」「UNITED!」

「動画を観てくれて、リツイートしてくれて、みんな本当にありがとう」「THANK YOU」

「君のお陰で、俺たちはひとつのファミリーになれたんだ」「THANK YOU」

「忘れるな!青、黒、緑、黄、そして木であろうとも、俺たちはみんな仲間だ」

(以降、カーク氏らの元に寄せられた世界中のマーベル・ファンからのビデオメッセージ。皆一様に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編を求めている。)

で、『インフィニティ・ウォー』予告編はいつ出るの?

カーク氏らは最終日の「DAY8」動画公開までの予告編解禁を望んでいたが、結局叶わずじまいとなった。2017年11月4日には、『インフィニティ・ウォー』監督のルッソ兄弟が自身のInstagramにて、「時が来るまで公開しない」と暗示する動画メッセージを投稿。おそらくカーク氏らが起こした一連のムーブメントに対応するものだろう。

米Furious Fanboysの記者が入手した情報によれば、予告編は2017年12月前半ごろに公開されるのではないかということ。少なくともマーベル・スタジオ製作社長ケヴィン・ファイギが「年内(2017年)の公開」と語っていることから、いずれにせよ11〜12月中の公開はほぼ確実だろう。何せ『インフィニティ・ウォー』の公開は2018年4月27日、既に遠くない先にまで迫っているのだ。
ファンの間では、2017年12月15日公開の同じくディズニー傘下作品『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開に併せてお披露目されるのではないかと望む声もあるが、果たして…?

なお、渾身の「DAY8」まで走りきったカーク氏の動画に対しては、マーベル/ディズニーのダスティン・サンドヴァル氏より「この人たちとこの動画好きだな」とのサラリとしたコメントが寄せられている。他人事だと思って…!

「DAY8」まで走りきったカーク氏だが、今後もマーベル・ファンと心を共にしたメッセージが発せられるのか、そして悲願の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』プレミアイベントへの招待を勝ち取ることができるのか。今後の動向にも注目しておこう。Thank you Kirk!UNITED!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

 

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。