Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』次のマーベル「全員集合」映画はいつ?集結するヒーローたちは誰か

アベンジャーズ/エンドゲーム

アベンジャーズ!……アッセンブル」

マーベル・ファンの間でおなじみのフレーズを溜めに溜め、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)ではついに大きなカタルシスをもたらしたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)。トニー・スタークやスティーブ・ロジャースら第1世代を牽引したキャラクターたちが去った今、MCUは新世代への世代継承を続々と進めている。

今後も、Disney+でのドラマ群や新作映画など、MCUの勢いはとどまるところを知らない。発表済みのラインナップには気になるタイトルが目白押しだが、『アベンジャーズ』シリーズのような、ヒーローたちがシリーズをまたいで夢の共演を果たすアッセンブル映画も、また考えられているのだろうか?マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギは、米Colliderにこう語っている。

「『エンドゲーム』から新しいサーガを始めるにあたっては、それなりの期間を設けたいと思っています。それは既に準備中であったり、あるいは既に始まっているものもあります。それからは、フェーズ1でそうしたように、時間をかけてサーガを組み上げてから、全員集合へと進みたいと考えています」。

MCUは現在フェーズ4に進んでおり、インフィニティ・ストーンの争奪戦とサノスの野望を描いた「インフィニティ・サーガ」が終結したところだ。2020年から2021年上半期はコロナ禍によって小休止を余儀なくされたMCUはその間、Disney+配信のドラマシリーズで様々な下ごしらえを済ませつつ、今後はまだ本格的には登場していない新たな脅威との壮大な戦いを始めさせようとしている。

ファイギは次なる「全員集合」作品まではまだまだ時間がかかることを伝えているが、そこではどれほどのヒーローたちが集結することになるのか、想像してみると面白い。まず、今後も活躍が期待できるアベンジャーズの面々と、彼らからバトンを渡されることになる新世代のアベンジャーズたちは揃ってくれるはずだろう。現時点で考えられるのは、アイアンハート、新キャプテン・アメリカ、ソー、ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)版ソー、ケイト・ビショップの2代目ホークアイ、ハルク、シーハルク、アントマンとワスプ、ウォーマシン、そしてブラックパンサーの意志をつぐシュリとワカンダの戦士たち、ナターシャ・ロマノフからブラック・ウィドウの役目を担うエレーナの集結。さらにドクター・ストレンジやキャプテン・マーベル、ワンダにヴィジョン、ウィンター・ソルジャー、そしてロキやシルヴィもいるし、トム・ホランドの契約次第ではスパイダーマンの再登場もありえなくはない。

新ヒーローはまだまだいる。ドラマ「ワンダヴィジョン」ではスピードとウィッカン、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」ではパトリオット、「ロキ」ではキッド・ロキといった次世代の面々も既に紹介されており、『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』に登場するキャシー・ラング(キャスリン・ニュートン)はスタチュアとしての活躍が期待されている。さらに、新ドラマ「ミズ・マーベル」「ムーンナイト」「シークレット・インベージョン」でも、それぞれカマラ・カーンやムーンナイト、スクラル人のタロスたちが脚光を浴びることになる。

集結が想像できるヒーローたちはほかにも多い。『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のシャン・チーや、『エターナルズ』の戦士たちも強力な味方になってくれるはずだし、銀河の危機となれば『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の連中も黙っていない。

そしてフェーズ4以降には、『ブレイド』や『ファンタスティック・フォー』の映画化も控えているのだから、彼らとの夢の共演が実現する可能性だってゼロではないのだ。さらに、別の世界線との共演が可能になる「マルチバース」の展開次第では、いよいよ『X-MEN』やデッドプール、別世界のスパイダーマンたちも参加するのかもしれない。

つまり未来のMCUでは、『アベンジャーズ』『シャン・チー』『エターナルズ』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ブレイド』『ファンタスティック・フォー』『X-MEN』『デッドプール』『スパイダーバース』が一堂に会する機会を、可能性として想像することができるのだ。出演者はいったい総勢何名になることか。もしも実現すれば、きっと娯楽映画に前代未聞の革命を起こす超大作になるはず。もちろん、どのような形になるかは全くわからないし、そこに至るまでにはまだ数年はかかる。

とはいえ、将来への楽しみな希望があるということは、ファンにとってとても健全な喜びであるはずだ。次のアッセンブルまで、まだまだMCUを追いかけるとしよう。

あわせて読みたい

Source:Collider

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly