Menu
(0)

Search

MCU「フェイズ5」新作映画5本の米国公開日が決定 ─ 2021年~2023年は年4本のハイペース

ウォルト・ディズニー/マーベル・スタジオが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の「フェイズ5」にあたる新作映画5作品の米国公開日を発表した。

The Hollywood Reporterによれば、新たにMCU作品の米国公開日として発表されたのは、2022年10月7日、2023年2月17日、2023年5月5日、2023年7月28日、2023年11月3日(いずれも作品タイトルは未定)。およそ3ヶ月前後のペースで新作が封切られることになる。

MCU次回作『ブラック・ウィドウ』(2020年5月1日公開)で開幕する「フェイズ4」は、2021年11月に米国公開される『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』で幕を閉じる予定。したがって2022年以降は「フェイズ5」となり、すでにディズニー/マーベルは『ブラックパンサー2(仮題)』を2022年5月6日に米国公開すると発表済みだ。そのほか、2022年2月18日、2022年7月29日にも新作映画(タイトル未定)が公開予定となっている。

現在発表されているスケジュールが変更されなければ、2021年~2023年の3年間は、毎年4本ずつというハイペースでMCUの新作映画が公開される予定。これに加えて、ディズニーの映像配信サービス「Disney+」では、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」を皮切りにドラマシリーズが相次いで配信されるため、いよいよMCUのペースアップが本格化することになる。なお、ドラマと映画はストーリーが繋がることも判明しており、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「今後のマーベル映画をすべて理解するには、おそらくDisney+への加入が必須になる」とさえ語っている。果たして、この戦略は吉と出るか凶と出るか。果たして、ファンはすべての作品にリアルタイムで追いつくことができるのか。

あわせて読みたい

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly