Menu
(0)

Search

『キングスマン:ファースト・エージェント』米公開が延期、2020年2月から9月へ

キングスマン:ファースト・エージェント
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

大人気スパイアクション映画『キングスマン』シリーズの“はじまりの物語”を描く『キングスマン:ファースト・エージェント』の米公開日が、2020年2月14日から同年9月18日へと延期になったことがわかった。米ディズニー/フォックスの2023年までの公開スケジュールの発表によって明らかになった。米Deadlineが報じている。

『キングスマン:ファースト・エージェント』の原題は『The King’s Man』。タロン・エジャトン&コリン・ファース主演のシリーズに登場するスパイ組織“キングスマン”誕生秘話が描かれる。邪悪な君主や犯罪者たちによって大勢の命を消し去る戦争が計画される中、一人の男が〈高貴なる責務〉のために立ち上がる物語。時代をさかのぼり、“なぜキングスマンは誕生したのか、なぜ世界はキングスマンを求めたのか”が明かされる。


物語の舞台は第一次世界大戦の勃発前夜。イギリス、フランス、ロシアとヨーロッパの大国で陰謀が渦巻く中、絢爛豪華な舞踏会に現れた怪僧ラスプーチン(リス・エヴァンス)を前に、ついに“キングスマン”が動き出した。鮮やかなアクション、秘密の工場で大量生産される武器、そしてジャイモン・フンスー演じる男とともにラスプーチンを追い詰めるが……。

監督にはマシュー・ヴォーンが続投。オックスフォード公役に『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート役で知られるレイフ・ファインズ、コンラッド役には『ブルックリンの片隅で』(2017)「TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル」(2018)のハリス・ディキンソン。

キングスマン:ファースト・エージェント
『2020年2月』の公開表記が入った日本版ポスター。 ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

『キングスマン:ファースト・エージェント』は、日本でも2020年2月14日の同時公開予定が既に告知されていた。本国での延期に伴って、日本を含む各国への影響は必至だ。公開延期の理由は明らかにされていない。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly