Menu
(0)

Search

マーベル・シネマティック・ユニバース、2020年代後半まで「計画済み」 ─ マーベル・スタジオ社長「5〜6年ほど先まで」

マーベル・スタジオが手掛ける一大ユニバース、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、2020年代後半までの計画が済んでいるようだ。マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギが、MCUの今後について明かしている。

2019年公開の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』にてフェイズ3の幕を下ろしたMCUは、ドラマ「ワンダヴィジョン」を皮切りにフェイズ4をスタートさせる。同作以降も、ドラマでは「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)」「ロキ(原題)」、映画では『ブラック・ウィドウ』『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』をはじめとするフェイズ4作品の豊富なラインナップが発表済みだ。

これまで、フェイズ4のトリを飾るのは2022年公開の映画『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』と予告されていた。しかし、2021年に入って状況が覆り、フェイズ4終了時期についてファイギ社長は明言を避けていた

もっとも、ファイギ社長がフェイズ4の終了時期に口をつぐんだのには、何か意図的な理由があるからに違いない。というのも、このたび米Colliderが行ったインタビューで、MCUに関する計画が2020年代後半まで済んでいることをファイギ社長は明言しているのだ。マーベル・スタジオはどれほど先までMCUの計画を立てているのかについて訊かれたファイギ社長は、「具体性の程度の差こそあれ」としながら、「公表済みの内容に対して、5〜6年ほど先までは常に立てています」と答えている

“具体性の程度の差”によって、正確に何年まで計画されているのかは異なってくるが、少なくとも現時点から数えれば2026〜2027年まで計画済みということになる。または、“公表済みの内容に対して”というファイギ社長の言葉に着目すれば、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』が2023年に公開予定であるから、同時点より起算して2028〜2029年までと考えることもできる。

MCUは今後も拡大の一途を辿っていく模様。正式な発表でないこそあれ、旧20世紀フォックスにて製作されていた『X-MEN』シリーズをはじめとするマーベル作品群の合流や、2019年に一旦の区切りを付けた『アベンジャーズ』シリーズの続編などの構想が伝えられている。マーベル・スタジオはこうした未発表の作品を含めて、“5〜6年先”までの展開を見据えているということだろう。今後のMCUもてんこ盛りだ。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly