Menu
(0)

Search

ステイサム、ハン・ソロを倒す ― 『MEG ザ・モンスター』全世界興行収入、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を超える

MEG ザ・モンスター
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

ジェイソン・ステイサム、ハン・ソロを倒す

ステイサムと超巨大ザメが対決する海洋パニック・エンターテインメント映画MEG ザ・モンスターの全世界興行収入が、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)の記録を上回ったことがわかった。

Box Office Mojoによれば、2018年8月27日(米国時間)現在、『MEG ザ・モンスター』の世界興収は4億1,279万ドルを突破。対する『ハン・ソロ』は、同日時点で3億9,263万ドルとなっている。『ハン・ソロ』は2018年5月の米国公開当時から、スタジオ側の思惑ほど興行収入が伸びていないことが指摘されていた。それにしても、ステイサムとサメのタッグが『スター・ウォーズ』の最新作を超えてしまったことには素直に驚かされるだろう。

MEG ザ・モンスター
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

とはいえ、『MEG ザ・モンスター』が『ハン・ソロ』を超えるヒットとなった背景には、とある決定的な要因が存在する。
8月27日現在の米国興行収入を比較してみると、『MEG ザ・モンスター』は約1億630万ドル、そして『ハン・ソロ』はその2倍となる約2億1,360万ドルなのだ。全世界興収はステイサム&サメの勝利となっているが、米国では『ハン・ソロ』が大きく差をつけている。すなわち大ヒットのカギを握ったのは、米国ではなく海外だったのだ。

『MEG ザ・モンスター』が大ヒットを見せているのは、いまや世界を代表する映画市場となった中国だった。米国と同じく8月10日に本作が劇場公開されるや、8月26日(現地時間)時点で1億4,330万ドルを突破している。かたや『ハン・ソロ』は海外興収で優れた成果を収めることができず、中国では1,647万ドルという記録に終わってしまった。『MEG ザ・モンスター』は、すでに中国で『ハン・ソロ』の10倍近い興行収入を叩き出しているのだ。

むろん、本作の中国における大ヒットは製作チームの思惑通りだろう。『MEG ザ・モンスター』は米国・中国の合作映画であり、製作には米ワーナー・ブラザースのほか、中国の映画会社であるグラヴィティ・ピクチャーズ、フラグシップ・エンターテインメントなどが出資。ヒロイン役のリー・ビンビンをはじめ中国人俳優が複数出演しているほか、中国にて撮影が行われている。

『MEG ザ・モンスター』の大ヒットは、中国が世界最大規模の映画市場となっている現状をハリウッドが真正面から捉え、非常に戦略的に企画が進められた末に成立したものであろう。以前、中国の人気俳優ドニー・イェンは、中国の観客が『スター・ウォーズ』文化のもとで育っていないこと、それゆえに映画がヒットしづらいことを指摘していた。今回の結果は、エンターテインメントやポップカルチャーの歴史や文化の問題はもとより、劇的に急変する映画業界の構造によってもたらされたものだ。ハリウッド大作映画の今後を占う上でも、本作の大ヒットを無視することはできない。

映画『MEG ザ・モンスター』は2018年9月7日(金)全国ロードショー

『MEG ザ・モンスター』公式サイト:https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/

Source: Box Office Mojo
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly