トム・クルーズ、単独ヘリコプターで命懸け撮影!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』危険すぎるスタント動画が米で公開に

『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』より、主演のトム・クルーズが実際にヘリコプターを操縦しスタントに挑む様子を収めたメイキング映像がアメリカで公開された。

映画撮影においては、役者自身でなく専門のスタントマンが危険なアクションを担当することが一般的。しかしトム・クルーズはスタントマンに頼らず、アクションを自ら積極的にこなすことで知られる。今作では、プロ顔負けのテクで華麗にヘリコプターを操縦。そのテクニックや迫力もさることながら、思わず「大丈夫か?」と心配してしまうようなスタントシーンが満載の映像がこちらだ。

映像は「このスタントは本物です」というテロップから始まる。トムが実際に操縦席にたった一人で乗り込み、雪山や渓谷、水上を滑空する場面が次々と映し出され、中にはトムの乗ったヘリがらせん状の弧を描いて落下していくというかなり危険な場面も。「もし失敗すれば、死ぬことになる」──ヒヤヒヤするような映像が続く中、最大の見どころは、映像の終盤でトムが操縦するヘリが地面すれすれを飛行し、正面のトラックに突っ込みそうになるシーンだろう。トムは以前にもスタントシーンの撮影で足首を骨折していたが、今回ケガはなかったのだろうか……。

トムはこれらのシーンのために、昼夜を惜しんでヘリ操縦の練習に明け暮れたそうだ。航空機メーカーのエアバス社チーフインストラクター、ティム・マクアダムス氏によれば「これだけ熱心な生徒はめったに見ない」とのこと。

「トムが本当にすべてをやっていると分かるような位置にカメラを取り付けた」と語るのは、プロデューサーのジェイク・マイヤーズだ。「トムはパイロットであり、役者であり、カメラのオペレーターでもあるんです。」

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、2018年8月3日(金)より日本公開。ベンジー役のサイモン・ペッグ、エルサ役のレベッカ・ファーガソンのほか、アレック・ボールドウィンやヴィング・レイムスも再登場を果たす。新キャストとしては、CIAエージェントのウォーカー役で『マン・オブ・スティール』(2013)のヘンリー・カヴィルが参戦。そのほか謎の女ホワイト・ウィドウ役でヴァネッサ・カービー、新たなCIA長官役として『ブラックパンサー』(2018年3月1日公開)のアンジェラ・バセットらが登場する。

(文:まだい)

Source: https://www.youtube.com/watch?time_continue=150&v=Um0aZKbpe1Y
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-5364081/Tom-Cruise-nosedives-SOLO-helicopter-stunt.html

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。