Menu
(0)

Search

【解説】『メン・イン・ブラック:インターナショナル』 オリジナルに繋がる10の小ネタ

メン・イン・ブラック:インターナショナル
(c) 2019 Columbia Pictures Industries, Inc., Hemisphere-Culver III, LLC and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved.

地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちを描く伝説的シリーズ『メン・イン・ブラック』を、クリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンの最旬コンビで復活させた新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、2019年10月9日(水)よりデジタル配信開始、10月23日(水)よりブルーレイ&DVDリリースとなる。

1997年から2012年まで、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのコンビで3作品が製作・公開され、世界的ヒットを記録した大人気シリーズ。新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』はリブートやリメイクでなく、同じ世界観の中で新たに語られるストーリーとなっているため、オリジナル3作との関連ポイントが見られるのも楽しい見どころだ。


この記事では、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』に仕掛けられた10の小ネタについて解説しよう。オリジナル3作へ繋がる楽しいイースターエッグも盛りだくさん。ブルーレイ&DVDやデジタル配信で、じっくりチェックしてみよう。

自由の女神とニューラライザー

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、映画の冒頭から遊び心に溢れている。オープニングではコロンビア製作の映画でお馴染み、コロンビアレディ(自由の女神)が松明(たいまつ)を輝かせているが、突然サングラスを取り出して着用。掲げていた松明は、もしかしてニューラライザー?

というのも、『メン・イン・ブラック2』(2002)では、ニューヨークの自由の女神像の松明が巨大なニューラライザーになっていて、街中の人々の記憶を一気に消去したことがある。かつての出来事を思い出させてくれる、粋な演出だ。

喋るパグ犬、フランク

メン・イン・ブラック2
『メン・イン・ブラック2』より。 (c) 2002 COLUMBIA PICTURES INDUSTORIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

シリーズお馴染み、喋るパグ犬(エイリアン)のフランクも登場する。前作『メン・イン・ブラック3』(2012)では残念ながら写真でのみの登場だったため、久しぶりの嬉しい再会だ。ちなみにシリーズ1作目(1997)と2作目でフランクを演じたパグのムーシュー君は、3作目の撮影前に別の宇宙に旅立っている。ちなみに、MIB本部入り口通路でいつも新聞を読んでいる守衛の男もフランクと共に登場する。

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』のDVD&ブルーレイ映像特典では、フランクが新キャラクターのポーニィと一緒に今作へ茶々を入れまくる「フランクとポーニィの映画談義」や、フランクがナビゲートする「記憶消去されたあなたに:過去作品のおさらい」も収録されているぞ。

エージェントO

メン・イン・ブラック:インターナショナル

エマ・トンプソン演じるエージェントOも再登場。『メン・イン・ブラック3』で、他界したエージェントZの後任として登場したベテランだ。

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』でも引き続きMIBの本部長を務めており、テッサ・トンプソン演じるモリーの資質を認めて彼女を見習いエージェントMに任命、ロンドン行きの任務を与える。前作から7年、エージェントOは金髪から白髪になって、本部長らしい威厳に満ちている。

ノイジー・クリケット

メン・イン・ブラック
『メン・イン・ブラック』より。(c) 1997 COLUMBIA PICTURES INDUSTORIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ノイジー・クリケットは、シリーズ第1作でウィル・スミス演じるエージェントJが初めて手にする小さな銃だ。Jは不満そうに受け取っていたが、実はトリガーを引くと吹き飛ばされてしまうほど強力な武器。コオロギのような音を発することから、”Noisy Cricket(うるさいコオロギ)”と呼ばれている。

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』では、MIBの試験に合格したMがエージェントに必要なスーツやガジェットを選ぶ場面で登場。最もMは、怪訝そうに指でつまみ上げているから、J同様にその威力を分かっていないのだろう。

エージェントJとKの絵画

ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズによる名コンビ、エージェントJとKは、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』で姿こそ見せないものの、同じ物語の住人として存在。劇中では、シリーズ1作目でゴキブリに似た巨大バグと戦った際の勇ましい姿を描いた絵が、ロンドン支部の会議室に飾られている。3作目の後、JとKに何があったのかは語られていないが、MIBでは伝説的な存在になっているのだろう。

ワーム・ガイ

メン・イン・ブラック2
『メン・イン・ブラック2』より。(c) 2002 COLUMBIA PICTURES INDUSTORIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

エージェントMがロンドン行の地下鉄に乗る場面で、世間話をしながら電車から降りてくるのはシリーズお馴染みのワーム・ガイ。細長く、ミミズのような身体に手足と触手が生えていて、いつも仲間たちと陽気におしゃべりをしているエイリアンだ。シリーズ1作目では、休憩室でコーヒーやタバコを嗜んでいた。2作目ではヒロイン・ローラの護衛役に、JとKへの協力と大活躍。3作目では、エージェントZの告別式でアメイジング・グレイスの歌とバグパイプ演奏を捧げていた。彼らのおしゃべりは、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』でも健在だ。

ハミルトンの腕時計

メン・イン・ブラック:インターナショナル

MIBのエージェントには、ブラック・スーツにサングラス、ニューラライザー、そしてハミルトンの腕時計も欠かせない。三角形のフォルムが未来的なハミルトンは、シリーズ1作目からエージェントたちの相棒を務めてきた伝統のアイテムだ。

『メン・イン・ブラック』シリーズで愛用されているのは「ベンチュラ」というモデル。今作でも、クリス・ヘムズワース演じるエージェントHとMが「ベンチュラ」を着用している。

赤いボタンと変形する車

メン・イン・ブラック2
『メン・イン・ブラック2』より。(c) 2002 COLUMBIA PICTURES INDUSTORIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

MIBエージェントの車に乗ったら、絶対に赤いボタンを押してはいけない……緊急事態以外は。

『メン・イン・ブラック』の車内の赤いボタンといえば、飛行モードに切り替えるスイッチ。『メン・イン・ブラック:インターナショナル』で彼らが乗り込むのは最新型のレクサスなので、ボタンもスマートなタッチ式になっている。車体のホイールやドアミラーに隠されたハイテクガジェットもMIBらしさ全開だ。

実はあの人エイリアンでしたカメオ

『メン・イン・ブラック』といえば、あっと驚く有名人が「実はエイリアンだった」という設定でカメオ登場するのもお楽しみの一つ。シリーズ第1作目では、ジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグ、シルベスター・スタローンらが、3作目ではレディ・ガガやジャスティン・ビーバー、ティム・バートンらが監視対象のエイリアンだったことが明かされ、2作目ではどうしてもMIBエージェントになりたい男としてマイケル・ジャクソンが登場していた。

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』では、歌手のアリアナ・グランデと実業家イーロン・マスク、俳優や歌手などマルチに活動するドナルド・グローヴァーの姿が確認できる。実に今らしい人選だ。

キャストネタ

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』には、シリーズ作へのオマージュネタだけでなく、出演者の他作品のパロディネタも盛り込まれている。

例えば、映画冒頭でハイTがエッフェル塔を見上げて「パリは嫌いだ」と漏らすが、これはハイT役リーアム・ニーソンがパリを舞台に戦った『96時間』(2008)を彷彿とさせるものだ。ちなみに『96時間』でリーアムは、「必要ならエッフェル塔も破壊してやる」なんて名台詞も残している。

クリス・ヘムズワース演じるエージェントHは、戦いの中でマイティ・ソーよろしくハンマー投げを見せるが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でヘラにムジョルニアを掴まれた時と同じ様な展開に。劇場公開時の予告編映像では、意識しまくりな「ソー来るか」との字幕が話題になった。

ちなみにテッサ・トンプソン演じるエージェントMだが、彼女がハイTから受け取るコンパスの蓋部分のデザインが、テッサ出演のドラマ「ウエストワールド」劇中世界のあちこちに見られるメイズのマークに似ている。ドラマ「ウエストワールド」では、謎の黒服の男が”メン・イン・ブラック(Men in Black)”と呼ばれているから、さりげないオマージュなのかもしれない。しかもMがコンパスを開くと、その針が西を差している。

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、2019年10月9日(水)よりデジタル先行配信開始。ブルーレイ&DVD は、10月23日(水)発売・レンタル開始。

■ブルーレイ&DVDセット 4,743円+税(2枚組)

■4K ULTRA HD&ブルーレイセット 6,800円+税(2枚組)

■メン・イン・ブラック 4ムービー・コレクターズBOX(ブルーレイセット)【初回生産限定】 8,900円+税(4枚組)

発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc., Hemisphere-Culver III, LLC and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved.

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly