Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は「苦悩するヒーロー」の映画か? 流行を振り切った疾走感の理由とは

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

派手なアクションやCGが見せ場として用意されたシリーズ映画で、「苦悩する主人公」が頻繁に登場するようになって久しい。こうした作劇の原点はクリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』(2008)だと断定されがちだ。事実、ノーランがプロデューサーとして関わった『マン・オブ・スティール』(2013)や『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)といったアメコミ映画の主人公たちは終始、苦悩し続ける。己の存在に。正義と悪の定義に。愛する人を失う恐怖に。

だが、『ダークナイト』以前、『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)から始まる、ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズにも「苦悩する主人公像」は採用されていた。こうしたキャラクター造形には何らかのキラー・コンテンツというより、時代の流れが反映されているのだろう。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』2018)もまた、シリーズ6作目にして、もっとも主人公イーサン・ハント(トム・クルーズ)の苦悩にフォーカスした1本だといえる。ただし、それだけでは本作の魅力を解き明かしたことにはならない。この記事では、「苦悩する主人公」というトレンドを『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』がいかに“跳躍”していったのかを解説したい。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

なぜヒーローたちは苦悩するようになったのか

そもそも、どうして「苦悩する主人公」がこんなにも大作映画を席巻するようになったのだろう。ひとつには、「主人公像のリセット」という目的がある。クレイグ版『007』にせよ、ノーラン版『バットマン』にせよ、最初は有名ヒーローたちの前日譚が描かれる。つまり、それまでの過去シリーズを一旦白紙に戻し、まったく新しい主人公像を確立させようという試みだ。

当然、主人公は身も心もヒーロー(あるいは完璧なプロフェッショナル)になる前なので、欠点や弱さも観客にさらけだす。無敵であるがゆえに近寄り難かったヒーローたちは、ここで初めて共感可能な「人間」として観客に受け入れられるだろう。

またゼロ年代以降、イラク戦争やブッシュ政権の不人気、リーマン・ショックといったアメリカの根幹を揺るがす事件が次々に起こったことで、観客がフィクションにおける「絶対的な正義」を信用できなくなった背景も関係している。その結果、神のメタファーであったスーパーマンですら、映画の中では人間並みの凡庸な苦悩を与えられてしまう。言葉遊びではあるが、「キャラクターに矛盾があってようやく、観客は映画に矛盾を感じなくなった」のである。

映画『マン・オブ・スティール』のスーパーマン
『マン・オブ・スティール』ブルーレイ&DVD発売中 ©2013 Warner Bros. Ent. Inc. All Rights Reserved. MAN OF STEEL and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.

さて、『ミッション:インポッシブル』シリーズのイーサン・ハントに着目してみよう。
『フォールアウト』冒頭で、ハントは悪夢を見る。宿敵、ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)の陰謀によって愛する女性の命が奪われてしまうのだ。IMF(不可能作戦部隊)のエージェントであるハントといる限り、恋人もまた危険を避けられない。それゆえにハントは、大切な人ほど自分から遠ざけるしかない。

こうしたハントの苦悩は『M:i:III』(2006)あたりから目立ってきたが、本作ではついに作劇の中心となる。ハントが夢に見たように、レーンは悪者たち(バカみたいな響きで申し訳ないが、「悪者」としかいいようがないのだ)と共謀し、ハントと世界を絶望に突き落とそうとする。ハントのせいで、世界は危機にさらされる。これまで正義のために行ってきた任務が、裏目に出てしまった形だ。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

苦悩するヒーロー映画のデメリットとは

主人公が大きな苦悩を抱えた映画はそれなりにシリアスで、思索的なムードを観客に提供してくれる。しかし、すべての「苦悩映画」が『ダークナイト』のように成功しているわけではない。なぜなら、主人公がただただ苦悩しているだけの作劇にはデメリットもともなうからである。

デメリット1、圧倒的に展開が遅くなる。主人公が悩みを告白し、行動に迷いが出るため、ストーリーが停滞しやすい。デメリット2、倫理観が逆転してしまう。『ダークナイト』はジョーカーというヴィランによって、正義や常識を揺さぶること自体がテーマだったので問題はない。しかし主人公が行動に自信を持てない状態では、極悪非道なヴィランの行動が正しく見えてくることすらある。たとえ、制作者の意図とは違っていたとしても。

そしてデメリット3、主人公に共感できても、そこに魅力を感じられなくなってしまう。少なくない観客が「ウジウジしたヒーローやヒロインを応援したくない」と思っているからだ。主人公が苦悩を乗り越える姿に感動を覚えることはあっても、最後まで悶々としているだけでは観客の愛想が尽きるのも自然な心理だろう。

「苦悩する主人公」映画は、マンネリ化した勧善懲悪のアクション映画を刷新するために大きな役割を果たしてきた。しかし今ではそれ自体がマンネリ化し、主人公の苦悩に深刻さを感じられない現象が起こりつつある。『マン・オブ・スティール』以降のノーラン製作によるヒーロー映画が批評や口コミで苦戦している理由も、こうした受容側の変化が大きいだろう。

言うまでもなく、登場人物が欠点を抱え、自分の心と向き合う作劇が悪いのではない。問題は、特に「苦悩」を差し挟む必然性がないにもかかわらず、作り手が流行に合わせて重々しい物語を生み出してしまう点にある。かくして『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、「よくある苦悩する主人公像」とどう折り合いをつけるのか、不安と期待を匂わせながら幕を開けた。

 

イーサン・ハントの苦悩すら吹き飛ばす「最高傑作」

結論から書く。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』はシリーズ最高傑作である。『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)という2本の歴史的傑作を生み出した後、限界まで高くなったハードルを超えてきたのだから奇跡的な作品としかいいようがない。あえてシリーズの過去作品と同じアイデアを踏襲し、スケールアップしたアクションシーンに仕上げているのだから驚愕だ。しかも『フォールアウト』は、ハントの苦悩がまったく物語の爽快な疾走感に影響を及ぼしていない。心理描写に足をとられず、急転直下でクライマックスへと突き進む。

なぜなら、まず「スパイ映画らしいカウントダウン」が設定されているからだ。本作でのミッションにはタイムリミットがある。ハントが悩んでいようといまいと、動かなければ何も始まらない。ハントの内面がいかに混乱していても、画面に映し出されるのはビルの屋上を疾走し続けるトム・クルーズの肉体である。抽象的な心理描写ではなく、絶対的にフィジカルなアクションが本作を支えているのだ。

次に、トム・クルーズの「主人公感」である。ここまで、真っ当なヒーローを説得力とともに演じられる俳優が、あと何人世界中にいるだろう。あえて言うならインド映画のスター俳優くらいだろうが、全世界規模で30年以上もトップクラスの人気を保っているのはトム・クルーズだけだ。トムのまとったスターのオーラは、時流に合わせた「苦悩」など寄せつけないほどに眩い。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

また、「脚本がない」「撮影中にトム・クルーズが新しいアイデアを思いつく」(参照)といったクレイジーな制作体制も、「苦悩する主人公」のデメリットを回避できた一因だろう。本作の撮影現場で求められていたのは、ハントの心の深淵にもぐり、感情を表現することではない。トム・クルーズが分身であるハントの姿を借りて、観客の度肝を抜くスタントを連発することだったのである。「物語上の辻褄」という制約から解放されて、本作はいい意味で「文学性」や「哲学性」に流されない映画となったのだ。

では、なぜ『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、冒頭の悪夢でハントの苦悩を描くような真似をしたのか。最初から、ハント=トム・クルーズに苦悩など無用だと分かっていたはずなのに。その答えは終盤の展開で明らかになる。

『ミッション:インポッシブル』シリーズにおいては、主人公の苦悩すら超ド級のアクションを彩るスパイスに過ぎない。「映画は人間を描く芸術ではないのか」と憤る人もいるだろう。いや、誤解しないでいただきたい。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』はしっかりと人間を描いている。トム・クルーズという、現代最強のスターがいかに映画撮影へ命を賭けているのかを克明に記録しているのだ。

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は2018年8月3日(金)より全国の映画館にて公開中

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式サイト:http://missionimpossible.jp/

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

Writer

石塚 就一
石塚 就一就一 石塚

京都在住、農業兼映画ライター。他、映画芸術誌、SPOTTED701誌などで執筆経験アリ。京都で映画のイベントに関わりつつ、執筆業と京野菜作りに勤しんでいます。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly