デヴィッド・フィンチャー、新作『マインドハンター』は全5シーズンの構想

Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『マインドハンター』を手がけたデヴィッド・フィンチャー監督が、同作を全5シーズンで構想していることがわかった。捜査官ビル・テンチ役を演じているホルト・マッキャラニーが米ScreenRantの取材で明かしている。

『セブン』(1995)、『ゲーム』(1999)、『ゾディアック』(2007)などを手がけたフィンチャーにとって、新作『マインドハンター』は自身の“本領”ともいうべきサイコ・スリラー作品だ。独自のストーリーテリングと抜群の映像センス、その切れ味は当然衰えることを知らず、数えきれないほどの映画・ドラマに触れてきた現在の観客・視聴者にも新鮮な驚きを与えている。
ビル・テンチ役のマッキャラニーは、本作が『エイリアン3』(1992)や『ファイト・クラブ』(1999)以来のフィンチャー作品だという。彼は『マインドハンター』への出演に心躍らせ、シリーズの今後にも大きな期待を語っている。

「ご存知のとおり、僕は小さな……サポート役、脇役ですよ。でもデヴィッドに主役の一人として呼んでもらえたのは大きなことでしたね。だって僕は彼の才能を信じているし、それに彼はこの番組を5年間やりたがっています。登場人物たちが5シーズン登場するのはとても楽しみですし、すごく特別なことだと思いますよ。」

『マインドハンター』は、『ゾディアック』と同じく実在の事件や人物が登場するタイプのスリラー作品だ。シーズン1では有名なシリアルキラーであるエドモンド・ケンパーリチャード・スペックらが登場し言及されているほか、フィンチャーによるとシーズン2では1979~1981年にアトランタで発生した黒人児童の連続殺人事件が扱われるという。おそらく監督の脳内には、あと3シーズンぶんの“取り上げるべき事件”が存在することだろう。さて、今後はいかなるストーリーやサプライズを見せてくれるのか、いかに観る者の期待に応えてくれるのか……。

ドラマ『マインドハンター』シーズン1はNetflixにて現在配信中。

Source: http://screenrant.com/mindhunter-david-fincher-5-seasons/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。