Menu
(0)

Search

「ロキ」ミス・ミニッツの新事実、これから判明する模様 ─ 声優「おもしろい展開になります」

ロキ
(C) 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズロキで、物語のカギを握る組織・TVA。“神聖時間軸”を監視し、また管理するチームの顔となっているのがミス・ミニッツだ。声優を務めるタラ・ストロングによると、どうやら彼女にはまだ明かされていない物語があるらしい……?

The Hollywood Reporterにて、ストロングは「これから明かされることがたくさんあるし、おもしろい展開になります」と予告した。第1話ではテーマパークのアトラクションのごとく、説明ビデオのキャラクターとして登場したミス・ミニッツは、第2話では画面から出入りする形でロキの前に登場。ロキは思わず「お前はレコーディングなのか、それとも生きてるのか」と問いかけたが、これについてもストロングは「まだわかりませんよね」と述べた。

「このキャラクターの素敵なところは、いったい何者なのかが誰にも分かっていないところ。彼女はどこからやってきたのか、どんなオリジン・ストーリーなのか、どのように意識を持っているのか、狙いがあるとしたらそれは何なのか。そういう想像の余地が常に残されているから魅力的だし、それは今後も続いていきますよ。」

監督のケイト・ヘロンは、『ジュラシック・パーク』シリーズのミスター・DNAにインスパイアされ、本作のミス・ミニッツを考え出したという。しかし製作中、ストロングはその事実を知らされていなかったそう。「どちらの作品にも、最高の技術と、60~70年代風の懐かしいアニメーションが同時に登場するのがおもしろいですよね」と述べ、やはり「どうして(ミス・ミニッツは)70年代風の見た目なんでしょうね、未来のことをすべて知っているのに」と口にした。

ちなみにストロングは、「パワーパフガールズ」のバブルス役、DCアニメ「ティーン・タイタンズ」のレイブン役など、さまざまなアニメ&ゲームに出演するベテラン声優。しかし、ミス・ミニッツ役はオファーではなくオーディションを経て勝ち取ったものだという。最低限の情報を与えられ、「訛りのある声」「ちょっとAIっぽい声」「少し感情のある声」という3つのバージョンを収録して臨んだところ、見事に成功したそうだ。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は配信中。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly