『マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー』ファミリー結集!「ダンシング・クイーン」特別映像が到着

伝説のグループABBAのヒット曲で構成された、大ヒットミュージカル映画『マンマ・ミーア!』(2008)の続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が2018年8月24日(金)に日本公開される。
このたび、ABBAの代表曲である「ダンシング・クイーン」とともに“マンマ・ミーア!ファミリー”が歌って踊る特別映像が到着した。


ABBAの4thアルバム『アライヴァル』のファースト・シングルとしてリリースされ、母国スウェーデンや日本を含む全世界でNo.1を獲得した歴史的名曲「ダンシング・クイーン」。『マンマ・ミーア!』と言えばこれ、というほど誰もが知るこの名曲は、ソフィ(アマンダ・セイフライド)のホテルのオープニングパーティに参加すべく、舞台となるカロカイリ島に帰ってきたビル(ステラン・スカルスガルド)やハリー(コリン・ファース)、彼らを迎えるソフィやロージー(ジュリー・ウォルターズ)、ターニャ(クリスティーン・バランスキー)、サム(ピアース・ブロスナン)が揃って歌い踊る場面で使用される。主要人物だけでなく島民をも巻き込んだ、圧巻のパフォーマンスに注目してほしい。

ロージー役のジュリー・ウォルターズが「『ダンシング・クイーン』は『マンマ・ミーア』そのもの」、サム役のピアース・ブロスナンも「この音楽を聴いたら体が動き出す」と語っているように、「ダンシング・クイーン」は『マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー』になくてはならない一曲だ。ABBAのビョルン・ウルヴァースも「監督は見事にこの曲を生かしてくれました。『ダンシング・クイーン』が讃美歌になった」とコメントしている。
ちなみに、この「ダンシング・クイーン」が使用されるシーンの撮影では、舞台版「マンマ・ミーア!」のオリジナルキャストの多くが、アンサンブルのダンス・チームに加わるために招集されたのだとか。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー

©Universal Pictures

 

このシーンについて、アマンダ・セイフライドは「父親たちが島に来る途中だと知って、私はターニャとロージーと船を迎えるために桟橋に向かう。丘を駆け降りながら、全員が歌い踊り始めるんですよ。盛大な“ダンシング・クイーン・セレブレーション”ですごく楽しい。全員がいままでにないほどの愉快なときを過ごし、これが、すべてがうまくいくという予感を暗示しているんです」と語る。「ダンシング・クイーン」の歌唱シーンを見れば、キャスト陣が“撮影はすごく楽しい”と口を揃える理由がわかるはず…!

映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』は、2018年8月24日(金)より全国ロードショー

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』公式サイト:http://www.mammamiamovie.jp/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。