Menu
(0)

Search

マーベル映画『モービウス』まもなく撮影開始か ─ ジャレッド・レトが示唆、『ヴェノム』に続くスパイダーマン作品

ジャレッド・レト
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28316589680/

ソニー・ピクチャーズ製作、マーベル・コミック原作映画『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』の撮影開始が近づいているようだ。主演のジャレッド・レトが、『モービウス』のためにイギリス・ロンドンを訪れていることを明らかにした。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hello London #MORBIUS 🧛‍♂️

JARED LETOさん(@jaredleto)がシェアした投稿 –

「ハロー、ロンドン #モービウス」という記述のほかには、ジャレッドが停車中の車内と思われる場所で自らの姿を写した映像が投稿されているのみ。この投稿が『モービウス』に関するなんらかの情報を的確に示しているとはいえないものの、以前から本作は2019年2月ごろに撮影開始と伝えられていた。来たる本撮影に向けて、製作チームはロンドンでなんらかの作業に入っているものとみられる。

『モービウス』は、トム・ハーディ主演『ヴェノム』(2018)に続き、ソニーがスパイダーマンの宿敵を主人公に取り組む単独映画の第2弾だ。ジャレッド演じる科学者マイケル・モービウス/モービウス・ザ・リヴィング・ヴァンパイアの、「スパイダーマン」シリーズからは独立した物語が描かれる。マイケルは特殊な血液疾患を治療すべく吸血コウモリの人体実験に臨み、吸血鬼のような体質を得たという設定。コミックでは人間の血を求め、牙を生やし、超人的な身体能力でスパイダーマンと戦ったが、のちにヒーローのように描写されることも多いキャラクターだ。

なお本作には、ドラマ「ドクター・フー」で11代目ドクター(2010-2014)を演じたマット・スミスのほか、『パシフィック・リム/アップライジング』(2017)のアドリア・アルホナがヒロインとして出演する見込み。監督は『デンジャラス・ラン』(2012)『ライフ』(2017)のダニエル・エスピノーサ、脚本は『キング・オブ・エジプト』(2016)『パワーレンジャー』(2017)のマット・サザマ&バーク・シャープレスが務める。

ちなみにジャレッドは、2018年11月から『モービウス』の準備に入っていることを同じくInstagramにて明かしていた。約3ヶ月の準備期間を経ていよいよ撮影開始、どんな作品になることだろう…!

映画『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』は2020年7月31日に米国公開予定

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly