Menu
(0)

Search

ジャレッド・レト、『モービウス』製作始動を予告 ― 『ヴェノム』に続く「スパイダーマン」映画第2弾

https://www.instagram.com/p/BqN59AXjXEi/ スクリーンショット

米ソニー・ピクチャーズ製作、映画「スパイダーマン」シリーズの新機軸第2弾となる『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』の準備が着々と進められているようだ。主演を務めるジャレッド・レトが、製作始動を予告する映像をSNSに投稿している。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

And so it begins…#MORBIUS ✂️✂️😂😂

JARED LETOさん(@jaredleto)がシェアした投稿 –

「そして始まる… #モービウス」というキャプションとともに投稿されているのは、ジャレッドが自身のトレードマークといっていい髭を剃り落としていく様子を(やたらと大げさに)捉えた映像だ。髭をすべて剃った姿は映し出されていないが、代わりに『モービウス』のタイトルが登場している。

『モービウス』は、世界中で大ヒットを記録した『ヴェノム』(2018)につづいてソニーが計画している、コミック「スパイダーマン」シリーズを原作とする映画企画の第2弾。ジャレッドは科学者マイケル・モービウス/モービウス・ザ・リヴィング・ヴァンパイアを演じる。マイケルは特殊な血液疾患を治療するため、吸血コウモリによる人体実験に臨み、吸血鬼のような体質を得てしまう。コミックでは人間の血を求め、牙を生やし、超人的な身体能力でスパイダーマンと戦ったが、のちにはヒーローのように描写されることも多いキャラクターだ。映画版はマイケルを主人公とした、『ヴェノム』と同じく独立したストーリーになるという。

プロデューサーのアヴィ・アラッド氏&マット・トルマック氏は、以前『モービウス』の撮影時期として2019年2月ごろ、あるいは2019年早期の撮影開始を計画していると述べていた。したがって撮影開始まではもう少し時間があるとみられるが、すでにジャレッドはなんらかの作業に入っているのだろう。

『モービウス』で監督を務めるのは、『デンジャラス・ラン』(2012)や『ライフ』(2017)のダニエル・エスピノーサ。脚本は『キング・オブ・エジプト』(2016)や『パワーレンジャー』(2017)のマット・サザマ&バーク・シャープレスが執筆した。

なお『ヴェノム』を皮切りに、ソニーは『モービウス』以外にも「スパイダーマン」のキャラクターを映画化する企画を多数進行中。女性キャラクターのシルバー・セーブルやブラック・キャット、シルクナイトウォッチクレイヴン・ザ・ハンタージャックポットを扱った作品群が準備されているという。

映画『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』は2019年2月ごろより撮影予定。

Source: Jared Leto

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly