Menu
(0)

Search

『ヴェノム』に続け!「スパイダーマン」スピンオフ第2弾『モービウス』2019年2月ごろ撮影開始 ― ジャレッド・レト主演

ジャレッド・レト
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28316589680/

米ソニー・ピクチャーズが製作する「スパイダーマン」シリーズのスピンオフ映画第2弾『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』が、具体的な計画をもって進行していることがわかった。米Colliderによると、同作は2019年2月ごろの撮影開始が目指されているという。

ジャレッド・レトを主演に迎えた『モービウス』は、科学者マイケル・モービウス/モービウス・ザ・リヴィング・ヴァンパイアを主人公とする独立したストーリーになる予定。マイケルは特殊な血液疾患を治療するため、吸血コウモリを使用した人体実験に臨み、吸血鬼のような体質を得てしまうという設定だ。人間の血を求め、牙を生やし、超人的な身体能力でスパイダーマンと戦ったが、コミックではのちにヒーローのように描写されることも多いキャラクターである。

『モービウス』のプロデューサーを務めるアヴィ・アラッド氏とマット・トルマック氏は、『ヴェノム』に続く「スパイダーマン」関連映画として『モービウス』を準備していることを認めており、2019年2月ごろ、あるいは2019年早期の撮影開始を計画していることを明かした。すなわち、早ければ2020年初頭の米国公開も望めるところであろう。ソニーは思わぬハイペースで一連の作品群を進行しているものとみられる。

本作で主演を務めるのは、『スーサイド・スクワッド』(2016)や『ブレードランナー 2049』(2017)のジャレッド・レト。監督は『デンジャラス・ラン』(2012)や『ライフ』(2017)のダニエル・エスピノーサ、脚本は『キング・オブ・エジプト』(2016)や『パワーレンジャー』(2017)のマット・サザマ&バーク・シャープレスが務めている。

以前、トルマック氏はレトを「素晴らしい俳優」だと絶賛していたが、アラッド氏もレトに全幅の信頼を置いているようだ。『ヴェノム』にトム・ハーディ、『モービウス』にジャレッド・レトを起用できたことについて、「彼らのような俳優が自分なりにキャラクターを演じたいと思ってくれるのは本当に素晴らしいこと」だと述べ、二人が役柄に愛情を注いでいることを喜んでいる。「優れた俳優は、彼ら自身とは異なるものになろうとしてくれるんですよね。」

ジャレッド・レト
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28316589680/

ところでコミックファンの関心は、『ヴェノム』に続いて『モービウス』もPG-13指定(編注:米国レーティング)になるのかどうかであろう。アラッド氏&トルマック氏は、この点について「ストーリーによる」「(R指定は)ありうる」と述べるにとどまった。
ただし両氏は、R指定のヒーロー映画が成功を収めていることを認めつつも、『モービウス』がマーベル映画であること、キャラクターが幅広い層に愛されるものである以上は「できるかぎり(多くの観客が)触れやすい映画にしたい」との意思を示している。

なおソニー・ピクチャーズは、『ヴェノム』『モービウス』のほかにも「スパイダーマン」のキャラクターを映画化する複数の企画を多数進行中。女性キャラクターのシルバー・セーブル&ブラック・キャットを描く予定だった『シルバー&ブラック(原題:Silver & Black)』は各キャラクターの単独映画として個別に企画が再検討されているほか、シルクナイトウォッチクレイヴン・ザ・ハンタージャックポットを扱った作品群も企画されているという。

映画『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』は2019年2月ごろより撮影予定。『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー。

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Source: Collider
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly