Menu
(0)

Search

ドラマ「ミズ・マーベル」2022年7〜9月に配信開始へ、米ディズニー正式発表 ─ 「シーハルク」「ムーンナイト」はその後か

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズミズ・マーベル(原題:Ms.Marvel)」の配信開始時期が、2022年第4四半期(7~9月)になることが分かった。米ウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・チャペックCEOが投資家向けの収支報告会の場で発表した。

このたびの発表でディズニーは、2022年第4四半期にディズニープラス(Disney+)で配信開始となる新作の主力ラインナップの一つに「ミズ・マーベル」を挙げた。当初、「ミズ・マーベル」は2021年後期の配信スタートが予告されていた。しかし、MCUドラマ「ホークアイ」の配信決定が発表された後に、本シリーズが2022年に繰り下げとなる可能性が伝えられていたのだ。

「ミズ・マーベル」は、2019年後半に実施された大型イベント「D23 Expo」にて正式に発表されたMCUのドラマシリーズ。この時、一緒に「シーハルク(原題:She-Hulk)」「ムーンナイト(原題:Moon Knight)」の製作もアナウンスされた。両作ともに配信時期は伝えられていないが、「ミズ・マーベル」以降、つまり早くとも2022年後半以降の配信開始が見込まれているということになる。

アメリカ・ニュージャージー州に暮らすカマラ・カーン(イマン・ヴェラニ)は、パキスタン・アメリカ人の女子高生であり、キャプテン・マーベルに憧れているヒーローオタク。ひょんなことから自分の身体を自在に変形させる能力を手にしたカマラは、“ミズ・マーベル”として世界のために戦うことになる。

「ミズ・マーベル」は全6話構成で、脚本・製作総指揮は「セックス・エデュケーション」(2019-)のビシャ・K・アリ。監督は『バッドボーイズ フォーライフ』(2020)アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラー、『セイビング・フェイス 魂の救済』(2012)シャーミーン・オベイド=チノイ、「ウォーキング・デッド」(2010-)「Titans/タイタンズ」(2018-)のミーラ・メノンが務める。主人公ミズ・マーベル/カマラ・カーン役のイマン・ヴェラニは、本シリーズに出演後、『キャプテン・マーベル』(2019)の続編映画『ザ・マーベルズ(原題:The Marvels)』にも登場予定だ。

お詫びと訂正:
記事初出時より、ドラマ「ミズ・マーベル」の配信開始時期に関する情報を訂正しました。お詫びして訂正いたします。

Source: The Walt Disney Company,CNBC

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly