Menu
(0)

Search

【レビュー】「ミズ・マーベル」第1話、若く新鮮なヒーロー誕生に好感

ミズ・マーベル
(C)2022 Marvel

2022年6月8日よりディズニープラスにて配信となったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマミズ・マーベルは、MCU作品の中で最も若々しい魅力あふれるシリーズになりそうだ。高校生のヒーローを描くからというだけではない。

原作コミックにおけるミズ・マーベルは、アベンジャーズに強く憧れる女子高生が、ひょんなことからスーパーパワーが覚醒し、実際に憧れのヒーローたちと仲間になっていく物語。これは、MCU版スパイダーマンを思い起こさせるプロットだ。トム・ホランドが演じたピーター・パーカーはアイアンマン/トニー・スタークらに憧れ、アベンジャーズ加入を夢見てヒーロー活動に勤しんだ。もっとも、スパイダーマンが元々世界一有名なヒーローだったのに対し、ミズ・マーベルは一般認知度の低い初実写化キャラクターという大きな違いがある。

ジョン・ヒューズによる1980年代の青春映画をベースにし、ラモーンズなど往年の楽曲を起用したMCU版『スパイダーマン』では、ノスタルジーがアクセントとして機能した。一方で「ミズ・マーベル」はフィル・ロード&クリス・ミラー作品を思わせるフレッシュな演出を加え、オープニングロゴではザ・ウィークエンドの「Blinding Lights」をフィーチャーしている。

楽曲面を振り返れば、MCUは『ブラック・パンサー』や『シャン・チー』で、同時代の新曲をフィーチャーしている。しかし「ミズ・マーベル」は、キャラクターが本当にその楽曲を聴いていそうだというリアルさがある。カマラ・カーンはザ・ウィークエンドを好んで聴きそうだが、ティ・チャラがケンドリック・ラマーを、シャン・チーがDJ Snakeを日常的に聴いているイメージは少々つきにくい(シャン・チーはカラオケで懐メロを歌うのが好きだ)。

ミズ・マーベル
(C)2022 Marvel

第1話「ジェネレーション・ホワイ」でカマラは、親友のブルーノとテキストメッセージでやりとりする。メッセージの吹き出しを宙に描く演出にはすっかり手垢がついたが、「ミズ・マーベル」ではプラネタリウムの光や、街のネオンなどを使ってメッセージを表現する。Z世代の日常を、Lo-fi Hip Hopのトラックがメロウに包む。第1話で描かれるカマラのストーリーは至って普遍的なものだが、こうした若くロマンチックな演出のおかげで、じゅうぶんに新鮮味を感じられる。

スクールカースト下位のカマラはアイデンティティ確立の最中にある高校生で、例によって厳格な母親が抑圧する。最近の作品としては『私ときどきレッサーパンダ』(2022)に重なる部分が多い。『レッサーパンダ』の主人公は友人らと憧れのアーティストのコンサートに出かける計画を立てるが、保守的な母に外出を禁じられる。母の言い分には理不尽なところも多いが、「お前を守りたいからだ」と言われ、子は何も言い返すことができない。その一方で、主人公には民族文化に由来する不思議な力が宿る。やがて主人公は文化的祝福を受けながら成長し、和解した母と家族の絆を確かめ合う。『レッサーパンダ』はアジア文化と1990年代の日本アニメ文化をフィーチャーし、「ミズ・マーベル」はイスラム文化とコミック文化、2020年代マーベル文化をフィーチャーする。現代の若者は、「これは私たちの時代の物語だ」と感じられるだろう。

アベンジャーズ・オタクのカマラは、劇中で「アベンジャーズ・コン」の会場を目指す。これはコミコンのようなイベントで、MCU世界の一般人によるアベンジャーズへのキラキラした視線が描かれる。ヒーローたちの姿にときめくのは現実世界のファンと何ら変わらず、視聴者に等身大の親近感を与える。ディズニープラスの前作「ムーンナイト」では、他のMCU作品と全く交わらない世界観だったので、「ミズ・マーベル」では少し久しぶりにMCUらしいお祭り感を楽しめるだろう。

ミズ・マーベル
(C)2022 Marvel

主演のイマン・ヴェラーニ自身が、まさにカマラ・カーンそのものであるところも微笑ましい。2002年生まれのヴェラーニはマーベルの大ファンで、ミズ・マーベルのお手製コスプレを着て登校したこともあったそうだ(学校では、「それフラッシュ?」と間違われたらしい)。俳優としては本作までほぼ無名の存在で、いきなりマーベル作品の主役の座を射止めた。配信一夜にして、彼女の人生は180度変わったことだろう。

第1話では、「アベンジャーズ・コン」でのコスプレコンテストが、カマラの能力覚醒を提示するためだけの場所であったことが良かった。けっきょく肌の露出が多いセクシーな参加者が勝利したり、特定の人種の参加者だけが人気者になったりして、カマラが落ち込む姿を見たくなかったからだ。

ミズ・マーベル
(C)2022 Marvel

続くエピソードでも、カマラが思春期特有の悩みにぶつかりながら、少女として、ヒーローとして成長してく姿を楽しみに見守りたい。カマラの天真爛漫さと、この世界観があれば、先輩俳優のカメオ出演がなくとも、MCUのワクワク感をジューシーに味わえそうだ。

彼女は今後、映画『ザ・マーベルズ』で憧れのキャプテン・マーベルとの共演が決定済み。続々登場するMCU新世代ヒーローの中でも、ミズ・マーベルは特にお気に入りのひとりとなりそうだ。キャプテン・マーベルとの夢の対面はもちろんのこと、例えばアメリカ・チャベスとのガールズトークや、先輩風を吹かすピーター・パーカーとの絡みなど、期待したい絡みが山ほどある。

ドラマ「ミズ・マーベル」は毎週水曜日16時ディズニープラスにて独占配信。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly