Menu
(0)

Search

マーベル新ドラマ「ミズ・マーベル」第1話・第2話の海外レビュー到着 ─ 「『スパイダーバース』のような雰囲気」「楽しい高校生ヒーロー」

「ミズ・マーベル」
(C)2022 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、Disney+ドラマ「ミズ・マーベル」が2022年6月8日(水)よりついに配信開始となる。

主人公のカマラ・カーンは、アメリカ・ニュージャージー州に暮らすパキスタン系アメリカ人で、アベンジャーズのキャプテン・マーベルに憧れを抱く高校生。恋や友人関係など、学生ならではの悩みに苦労する彼女は周りに上手くなじめず、ヒーローになったらすべて思い通りになるはずと、自身の姿を妄想する日々を過ごしていた。そんなアベンジャーズオタクのカマラは、ある日突然強大な力を手に入れ、妄想していたことが現実になったのである。

MCUの世界を今後大きく変えるヒーロー、“ミズ・マーベル”の活躍に期待が高まる本作。2週間と配信開始を目前に控えるいま、第1話と第2話を一足先に視聴した海外の記者が、Twitterにてその感想を投稿している。新時代を担うことになるであろうミズ・マーベルとしてキャスティングされたニューカマー、イマン・ヴェラーニのパフォーマンスに称賛の声が集まっている。

Arezou-Deetoo(Geeky Waffle Network/Collider

「『ミズ・マーベル』の最初の2話は、楽しくてたまりませんでした。スーパーヒーローのオリジンストーリーであり、若い女性が成長し、自分らしさを発揮する物語でもあります。役者たちも素晴らしく、ニューカマーのイマン・ヴェラーニはカマラ・カーンを魅力的に演じています。このシリーズがどうなっていくのか、楽しみでなりません。」

スワラ・サリ(But Why Tho?/The Nerds of Color/The Middle Geeks/Into the Spider-Cast)

「まず、カマラカーンとしてのイマン・ヴェラーニが素晴らしいです。私たちが愛してやまない、カマラの快活さ、情熱、不器用さのすべてを表現しています。ベストを尽くし、常に屈せずにやり通しているんです。イマンは、MCUとその先で素晴らしい将来を歩んでいくでしょう。」

タリク・ラウフ(ライター)

「『ミズ・マーベル』は、MCUにおけるイスラム教徒の表現を変えるような作品です。第2話が終わった時点で、私はすでに続きを欲していました。イマン・ヴェラーニはカマラ役で傑出しており、のこりのエピソードで彼女を観るのが楽しみでなりません。そして、音楽がとても良いんですよ。」

プリーティ・チバー(Desi Geek Girls)

「『ミズ・マーベル』の第1話を観ました。ネタバレはありません。このドラマのことが大好きになりました。私が望んでいたもの全てが詰まっています。[中略]イマン・ヴェラーニはすばらしい。あらゆる作品に彼女を登場させるべきです。」

ウンゼラ・カーン(My London)

「『ミズ・マーベル』の最初の2話を配信開始前に観させていただく機会があったのですが、残りを観たくてたまりません。パキスタン人、イスラム教徒、南アジア人はとても喜ぶと思いますし、マーベルの作品でこんなにも意味のある表現を観たのは初めてです。」

ローラ(ライター)

「カマラ・カーンほどこれまでに好きになった登場人物はいません。カリスマ性があり、賢く、面白く、かわいらしい。彼女の家族はとても愛すべき存在です。そのダイナミックさには驚かされます。アニメーションとグラフィックもとても楽しいものになっています。それはまるで、『スパイダーバース』のような雰囲気。カマラ・カーンは大物になるでしょう。『ミズ・マーベル』をめちゃくちゃ愛しています。」

アリーシャ・グラウソ(Screen Rant)

「『ミズ・マーベル』の最初の2話は、本当に楽しかったです。イマン・ヴェラーニはこの役を見事に演じており、とにかく生き生きしていて、さらにカリスマ的です。それだけでなく、この作品は、家族、パキスタンの文化、イスラム教の信仰への美しい頌歌でもあるのです。」

エリック・フランシスコ(Inverse)

「『ミズ・マーベル』は最高でした。若者の活力と過剰な想像力が、MCUの次なる大作で大暴れします。G・ウィロー・ウィルソンのモダン・クラシックなコミックに忠実でありながら、独自の声もしっかりと届けています。イマン・ヴェラーニは、カマラ・カーン同様、一夜にしてスターとなることでしょう。」

ハンナ・イネス・フリント(ライター)

「[略]ビジュアルは、『スパイダーバース』や『ミッチェル家とマシンの反乱』に通じるものがありました。脚本はスマートかつファニーで、(ヘッドライターの)ビシャ・K・アリが南アメリカ特有の理解を示して全てを結び付けています。」

テッサ・スミス(Mama’s Geeky)

「『ミス・マーベル』は、ヤングファン向けの青春物語ですが、その上の世代にも楽しめる内容になっています。楽しくてユニークなスタイルで、絵が物語に組み込まれています。異色ではありますが、とてもクールなパワーとアクション、そして表現が満載。イマン・ヴェラーニと恋に落ちる準備を!」

KCウォルシュ(GWW)

「『ミズ・マーベル』は、カマラ・カーン作品に求めるものがすべて詰まっています。愛や家族、文化、ティーンのドラマ、そして魅力的なスタイル。ファミリーやファンも楽しめる、楽しい高校生のスーパーヒーロー・コメディドラマとなっていますよ。」

マリアム・アーメッド(The Wellesley News)

「まず、カマラ・カーンとしてのイマン・ヴェラーニは、MCU史上最高のキャスティングのひとつかもしれません(これはマジです)。彼女は、カマラの熱意と楽観的な部分のすべてを見事に演じています。ほかのヒーローたちとの交流や、MCUでの彼女の将来がとても楽しみでなりません!

コミックの正確性という点では、もちろんパワーの変化が存在します。ただ、彼女の立場とリンクさせることで、それは報われていくかもしれません。まだ第1話と第2話を観ただけなので、なんとも言えませんけど。また、ほかのキャラクターのストーリーも変更されており、これはあまり好みではありませんでしたね。

今のところ本作は、カマラとそのコミュニティの規範との大きな対立を作り上げているようです。ただしそれは、“イスラムの女の子が、ルールから解放されたいだけ”に近いもので、私の好みではありませんでした。シリーズが進むにつれて、そこにもっとニュアンスを持たせてほしいです。

これは、私たちについての唯一の物語というわけではありません!!!(約束します)。さらに、コミックにおけるカマラのストーリーは、そのコミュニティに対する愛と、彼女がその外で直面するイスラム恐怖症や人種差別によって、とても深く形作られています。

全体的にいうと、私は気に入りました!また、私自身や私の姉妹のような子供たちが、『ミズ・マーベル』をスクリーンで観られることに興奮しています。私は、カマラに触発されて物書きをはじめました。なぜなら彼女の姿に自分を重ね合わせ、他の人にも共感してもらえるようなことを書きたいと思ったからです。そして今、そんな彼女について書くことができるのです!」

Disney+ドラマ「ミズ・マーベル」は、2022年6月8日(水)16時より日米同時配信開始。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly