ナタリー・ポートマン、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でマーベル映画に復帰か

映画『マイティ・ソー』シリーズで、天文物理学者のジェーン・フォスター役を演じていたナタリー・ポートマンが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に復帰する可能性を示唆した。

ポートマン扮するジェーンは、『マイティ・ソー』(2011年)、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)にはヒロインとして登場したものの、2017年公開のシリーズ第3作『ソー/ラグナロク(原題)』には登場しないことが明かされていた。また『アベンジャーズ』シリーズにも、存在が匂わされることはあれ、きちんと登場することはなかった。さらっとMCUをフェードアウトしていった感のあるポートマンだが、実際に彼女自身、2016年8月に「私の仕事は終わったと思う」と語っていたのである。

『ソー:ラグナロク』に出演しないナタリー・ポートマン、マーベルとの仕事は「終わった」と明言

しかし、ポートマンはここにきて、8月の発言を覆すようなコメントを発している。新作『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(2017年3月31日日本公開)のプロモーションのため、オンライン・マガジン“Deadline.com”のインタビューに応じたポートマンは、MCU作品に参加した感想をこう述べている。

「俳優としては、(ほかの作品とは)完全にスケールが違うの。マーベル作品を撮るときは、たくさんのブルースクリーンに囲まれて、ありったけの想像力をさらに広げながら演じるんだから。とても難しいけど、やりがいのあることよ。まだ“できた!”と思ったことはないし、きちんと理解できたこともないと思う。それでも魅力的なのは、どんな映画よりも私自身が試されていると感じるからね。(撮影で)おそらく部屋だろうな、という部屋に入ると、そこには全てがあるの。そこでは全てと触れあうことができるし、その“全て”は世界のなんにでもなるのよ。でもそっちを想像する必要はなくて、私たちは役柄の感情の状態に入るだけ。だからブルースクリーンの映画に出るときには、(役柄の)外と中にあるすべてをイメージして、その世界全体を作らなきゃいけないのよ。まるで子供に戻るみたいに」

撮影の課題をありありと語るポートマンに、インタビュアーは「今後、マーベル映画にはまだ出るの?」と尋ねている。すると彼女は、「ええ、そうね。いつか必ずやってみせるわ」と答えている。「仕事は終わった」発言から約4ヶ月が経過し、なんらかの変化があったとみて良さそうだ。

2018年公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、アンソニー&ジョー・ルッソ監督いわく、66名のキャラクターが登場する作品になるという。本当にその人数が登場するかどうかはおいておくとして、ポートマンがMCUに復帰する機会としては現在最も有力だろう。どの作品でどんな再登場を果たすのか、続報を楽しみにしたいところだ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』出演者22名が大発表!キャプテン・マーベル参戦決定、残り44名は?

sources: http://comicbook.com/2016/12/30/thor-star-natalie-portman-open-to-returning-to-marvel-cinematic-/
http://deadline.com/2016/12/natalie-portman-jackie-interview-the-actors-side-video-1201876966/
Eyecatch Image: http://www.huffingtonpost.com/2013/12/03/natalie-portman-thor-the-dark-world_n_4377338.html
© 2011 MVLFFLLC. TM & © 2011 Marvel. All Rights Reserved.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。