Menu
(0)

Search

『エイリアン』シリーズ新作が企画中、『コヴェナント』続編ではない可能性も

エイリアン
(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

映画『エイリアン』シリーズの新作企画が進行中のようだ。米Forbesのインタビューにて、リドリー・スコット監督は「現在進行中です」と認めながら、『プロメテウス』(2012)『エイリアン:コヴェナント』(2017)に回帰する内容にはならない可能性を示唆している。

「我々は『プロメテウス』『コヴェナント』で、物語の起源を描く事に尽力しました。『プロメテウス』が上手く物語を立ち上げましたが、再び直接的に回帰するべきなのかは疑わしい部分がありますね。私は常に根本的な内容の質問を自分自身に繰り返しています。“フェイスハガーやチェストバスターの勢力は枯れ果てたのか、起源を掘り下げる中でシリーズとして作品を位置付けする必要はあるのか”と。」

近年、スコット監督は『プロメテウス』『エイリアン:コヴェナント』の前日譚シリーズを発表したが、前作の興行的不振によって続編の製作は見送られることになってしまった。ところが、2019年5月に状況は一転、監督が続編脚本の執筆段階にあること、製作を担当してきた20世紀フォックスを買収したウォルト・ディズニー・カンパニーとの間で話し合いの場まで設けられたこと判明している

また、2020年6月には、スコット監督は「利用的価値がまだ十分に残っていると思います。ただ、今度は再び進化させなければなりませんね」と製作に意欲的な姿勢を示すだけでなく、作品の内容についても明かしていた。「この生き物は一体どうやって誕生したのか、そして宇宙船みたいなものは、なぜ彼らの卵を運び、旅をしているのか。“誰が、なぜ、何の目的で”が次のアイデアになるでしょう」。今回の発言の真意や前回の発言との関係性は不明だが、いずれにせよ新たな『エイリアン』シリーズの開幕を予感させられる内容だ。今後の動向に注目したい。

あわせて読みたい

エイリアン

『エイリアン』ブルーレイ発売中
¥2,381+税
発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

Source: Forbes , IndieWire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly