Menu
(0)

Search

DC映画『シャザム!』続編、2021年初頭に撮影開始の見込み ─ 子役も成長、早期の開始望まれる

シャザム!
SHAZAM! and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

DC映画『シャザム!』(2019)の続編『Shazam!: Fury of the Gods(原題)』が、2021年初頭にも撮影開始を見込んでいることがわかった。主演を務めるザッカリー・リーヴァイが明かしている。

『シャザム!』は、見た目はオトナ、中身はコドモ、「シャザム!」と一言唱えるだけで、筋肉隆々のスーパーヒーローに変身する少年の冒険を描いた物語。DC映画の新境地を築き上げたとも言える本作は、現在続編企画が進行中だ。リーヴァイほか、少年ビリー・バットソン役のアッシャー・エンジェルやフレディ役のジャック・ディラン・グレイザー、フェイス・ハーマン、アダム・ブロディら前作キャストの続投が判明している。

このたび『ファンタスティック・ビースト』シリーズなどで知られる俳優ダン・フォグラーがホストを務めるラジオ番組に出演したリーヴァイは、「来年(2021年)の第1四半期(1〜3月)が(撮影開始の)一案だと思います」と答えた。そもそも2020年内の撮影開始が見込まれていた本作だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で開始時期が一時見合わせ。4月時点で、可能な作業のみリモートにて行われていることがわかっていた

リーヴァイが「COVID-19の影響で全てが宙に浮いてしまったんです」と語るように、製作に全体的なひずみが生じていた本作は、可能な限り早期の撮影開始が見込まれている模様。その理由の1つに、10代の若手俳優が関係しているようだ。「子どもたちは草木のようにぐんぐん成長していきますから」とリーヴァイ。確かに第1作撮影当時の2018年5月で、子役の年齢はそれぞれ10〜16歳であった。しかし、撮影が見込まれる2021年までには、それから約3年が経過することになるから、仮に撮影が更にずれ込めば、その分だけ子役たちは大人びていくだろう。

予定通りの撮影開始を願うばかりだが、これも今後のコロナ禍の状況次第になりそうだ。ちなみに、リーヴァイいわく、現在も「ひたすら着々と脚本作業が行われている」という。

映画『Shazam!: Fury of the Gods(原題)』は2022年11月4日に米国公開予定。

Source:  Dan Fogler’s 4D Xperience

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly