Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『ターミネーター:ニュー・フェイト』ジョン・コナー、監督が意図を解説

ターミネーター2
© TriStar Pictures 写真:ゼータ イメージ

アーノルド・シュワルツェネッガー主演『ターミネーター』シリーズの最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、映画史に残る傑作『ターミネーター2』(1991)の正統なる続編だ。シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作・脚本として復帰し、T-800役のシュワルツェネッガーのほか、サラ・コナー役リンダ・ハミルトンがカムバック。さらに2019年7月、ジョン・コナー役のエドワード・ファーロングも再登場することが明かされたのである。

シリーズのファンが驚いた再登場は、いかにしてなされたのか。キャメロンからバトンを受け取ったティム・ミラー監督が解説している。


この記事には、映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』のネタバレが含まれています。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly