Menu
(0)

Search

X-MEN『ニュー・ミュータンツ』公開時期、出演者たちも知らない ─ 再撮影、結局行われていなかった

メイジー・ウィリアムズ アニャ・テイラー=ジョイ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19647942976/ https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/29787633788/ Remixed by THE RIVER

映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品で、初のホラー映画となる『ニュー・ミュータンツ(邦題未定、原題:New Mutants)』の公開時期について、出演者たちも正確な情報を把握していないことがわかった。ラーネ・シンクレア/ウルフスベーン役のメイジー・ウィリアムズが明かした。

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ 最終章」の放送に先がけて米Rolling Stoneに登場したメイジーは、『ニュー・ミュータンツ』について「いつ公開されるのか、まっったく(fuck)誰にもわからないんです」と述べた。サム・ガスリー/キャノンボール役を演じている、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)のチャーリー・ヒートンにメイジーが会った際、尋ねてみてもやはりわからなかったという。「このインタビューで、みなさんがちょっとは急いでくれればいいんですけどね」


『ニュー・ミュータンツ』の公開時期については、イリアナ・ラスプチーナ/マジック役のアニャ・テイラー=ジョイも以前から明言を避けていた。2019年1月の時点では「いずれ公開されますよ」(米The Upcoming)、内容についても「完成版を観ていないので何とも言えません」(米Variety)と話していたのである。

そもそも本作については、本撮影の終了後から製作トラブルの噂が浮上していた。「ホラー映画として十分に怖くなかった」との理由から、登場人物を追加して全編の半分以上を撮り直すといわれていたのである。当時はジョシュ・ブーン監督と20世紀フォックスが対立しているという報道もあった。しかしメイジーの証言によれば、“より怖くするために再撮影をするはずだったが、結局は行われなかった”とのこと。原作コミックのアーティスト、ビル・シエンキーウィックツ氏の“再撮影の最中である”というコメントは不正確なものだったようだ。すなわち作品は、ジョシュ監督の手によって編集され、2017年10月に予告編が公開された時点で凍結されたままだとみられる。

これまで『ニュー・ミュータンツ』は2度にわたって米国公開が延期されており、現在は2019年8月2日の米国公開予定。しかし出演者たちの反応をみるかぎり、このまま劇場公開を迎える可能性はどうも低そうである。さらに20世紀フォックスはすでにウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下に収まっており、両社の事業統合の影響から、本作の企画が保留となった側面も否定できない。一部報道では『ニュー・ミュータンツ』がディズニーの新映像配信サービス「Disney+」へ送られるとの見立てもあるが、真相は不明のままだ。いずれにせよ作品の今後については、ディズニーの手で今後なんらかの判断が下されることになると思われる。

Source: Rolling Stone

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly