Menu
(0)

Search

【NYレポート】スターウォーズの衣装や小道具が間近で見られる、”スターウォーズ エキシビション”に行ってみた!

NYスターウォーズエキシビション レポート

フォースの覚醒 展示コーナー

締めはやっぱり、新作『フォースの覚醒』に登場する衣装が展示されていました。

ファーストオーダー

ファーストオーダー ファーストオーダー ファーストオーダー ストーム・トルーパー  

新共和国軍

新共和国軍 新共和国軍パイロット レイ フィン   フィンはけっこう小柄な印象です。

キャラクターシュミレーター

スターウォーズのキャラクターになれる

スクリーンの前に立つと、自分の動きと同期して画面の中のストーム・トルーパーやダース・ベイダー、C-3POが鏡写しのように同じ動きをするというコーナー。ちびっ子から大人まで無邪気に遊んでいました。

みんなで予告編を観る

備え付けられたスクリーンに予告編第一弾、予告編第二弾がリピート再生されていました。 予告編 「俺、もう何百回も観たぜ!」なんて会話が聞こえてきながらも… スターウォーズ予告編を観る大人たち 見てください。いい年した大人たちが微動だにせず、映画の予告編に釘付けになっているこの光景。
何度も観たはずの『フォースの覚醒』予告編を、子供よりオジサン達の方が夢中で観ていました。
スターウォーズを前にすると、少年時代に還ってしまうのはどこの国でも同じなんですね。 スターウォーズ予告編を観るオッチャン

 

直 立 不 動

 

以上で展示物は終了です。

目の前に実物大のスターウォーズが存在する感動が、写真越しにも伝わったでしょうか?
開催の初日に参戦しましたが、特に混んでいることもなく、どの展示物もスムーズにじっくり鑑賞する事ができました。 客層は、STAR WARS Tシャツを着た”いかにも”なオタク風ファンから、若い人、子供連れの家族まで、幅広いファンが来場していました。 パネルに記載された解説文を熱心に読んだり、記念写真を撮ったり、部屋の隅でガチ勢っぽいファンがマニアックなトークをしていたり、それぞれ思い思いに楽しんでいました。

このミュージアムはニューヨークで来年2016年の9月5日まで開催されます。
ニューヨークに行かれる機会があれば、絶対に寄ってみてください。 スターウォーズファンであれば、確実に楽しめると思いますよ。
やっぱり、写真で見るのと目の前で生で見るのでは全然違いますからね。 最後はグッズ売り場と、お土産プレゼントのお知らせです!

【次ページ】グッズ売り場へGO!

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly