Menu
(0)

Search

『007』プロデューサー、次回作のジェームズ・ボンドは「ダニエル・クレイグの続投が一番」と明言

おなじみジェームズ・ボンドが主人公のスパイ映画、『007』シリーズが転機を迎えている。2006年の『007 カジノ・ロワイヤル』からボンド役を演じてきたダニエル・クレイグが前作『007 スペクター』で卒業し、次回作の製作には新たな俳優の起用が急務とされていたのだ。

次なるボンド役の候補には、ブレイク中のトム・ヒドルストンや実力派のイドリス・エルバマイケル・ファスベンダーなど複数の名前が挙がっていた。しかし今になって状況が一転、シリーズのプロデューサーはクレイグの続投希望を明言している。

続投希望はプロデューサー陣の総意

ダニエル・クレイグ主演の『007』4作品で製作総指揮を務めたカラム・マクドゥーガル氏は、次回作のボンド役に関するプロデューサー陣の意向を明かしている。

「我々はクレイグが大好きなんです。クレイグにボンドとして帰ってきてほしい。間違いなく彼は、(シリーズのプロデューサーである)マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリの第一希望です。ふたりはクレイグの復帰を望んでいます」

しかしマクドゥーガル氏は、実際にクレイグがボンド役に復帰する可能性は「わからない」と述べている。ただし、もしもクレイグに出演の意思があるならば、ボンド役は「確実に」彼のものになるようだ。

真偽は定かではないが、クレイグが続投する場合、ソニー・ピクチャーズは2作品で1億5千万ドルの出演料を支払うとも報じられた。もっともクレイグ本人は、昨年「今すぐボンド役を再演するくらいなら手首を切る」とすら語っているのだが……。

なお『007』シリーズの製作会社であるイーオン・プロダクションズは本件についてコメントしていない。果たしてクレイグはラブコールに応えるのだろうか?

source: http://variety.com/2016/film/news/daniel-craig-first-choice-james-bond-007-1201874808/
http://www.timeout.com/london/film/daniel-craig-interview-my-advice-to-the-next-james-bond-dont-be-shit

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly