Menu
(0)

Search

タロン・エガートンが『キングスマン3』に出演しないのは誤解 ─ 次回作は前日譚『ザ・グレート・ゲーム』に

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

キングスマン』シリーズの脚本を執筆するマーク・ミラーが、主人公エグシー役のタロン・エガートンが『キングスマン3(仮題)』に出演しないとの噂を否定した。あわせて、シリーズ次回作は前日譚『Kingsman: The Great Game(原題)』になると明言し、物語の概要を少しだけ明かしている。

これまで、2019年11月8日に米国公開予定の『キングスマン』シリーズ次回作については、エグジーとコリン・ファース演じるハリーの関係性を描く『キングスマン3(仮題)』になるという説と、第一次世界大戦を背景とするシリーズの前日譚『Kingsman: The Great Game(原題)』になるという説が存在した。

そんな中、エガートンが「僕は次の『キングスマン』には出ないんです」と発言。『キングスマン3(仮題)』にエガートンが出演しないと解釈され、ファンの間で大きな混乱を生んでいた。このたび一連の混乱を解消するため、脚本家のミラーがTwitterを通じて本作を巡る情報を整理している。

「皆さん、すごく混乱していますね。新年からマシュー(監督)が撮影する『キングスマン』の映画は、以前報道された通り、1918年を舞台とした組織の始まりを描く前日譚です。『キングスマン3』はその後製作されます。」

このツイートによって、いくつかの点が明らかになった。まず、エガートンが出演しないのはあくまで前日譚。もともとエガートンは「もう二度と『キングスマン』に出ないということではありません」と発言していたことから、『キングスマン3』にエグシーは引き続き登場すると見られる。

また、次回公開となる作品は『キングスマン3』ではなく前日譚『Kingsman: The Great Game』で、2019年の明けから製作開始となることが判明した。あらすじに関しても、以前「1900年代初頭に活躍したスパイ組織を描く」と報じられていたが、具体的には1918年を舞台に組織のオリジン・ストーリーを描く作品になることが明かされた。

ちなみに、前日譚には『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート役で知られるレイフ・ファインズ、ドラマ「TRUST」(2018)のハリス・ディキンソンが出演するとの噂があるが、この情報が事実かは今回のツイートで語られていない。

映画『Kingsman: The Great Game(原題)』は2019年11月8日に米国公開予定。

Source: Twitter

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly