サミュエル・L・ジャクソン『キャプテン・マーベル』に両目で出演することをネットで知る ― 片目での撮影秘話も

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でサミュエル・L・ジャクソンが演じているニック・フューリーは、左目を黒い眼帯で覆っていることが大きな特徴だ。なぜ隻眼なのか、いつからその姿なのか……といった過去の謎について、未だ劇中では明かされていない。

ところが2019年公開の映画『キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』の舞台は1990年代、しかもフューリーは隻眼になる以前の姿で登場するという。なんと演じているジャクソン自身は、この情報をインターネットを通じて知ったようだ。

新作『ザ・ヒットマンズ・ボディガード(原題:The Hitman’s Bodyguard)』のプロモーションのため、映画情報サイト「ファンダンゴ」のインタビューに応じたジャクソンは、『キャプテン・マーベル』にフューリーが両目で登場することについて「そうらしいね。ネットで読むまで知らなかったよ」と答えている。

またジャクソンは、両目で撮影に臨むことへの感想をこのようにも話しているのだ。

「良いよ、両目でも仕事はできるからね。セリフが覚えやすくなると思うよ。」

共演者のライアン・レイノルズ(デッドプール!)に「彼は両目でやるのが得意なんだ」と横からコメントされつつ、ジャクソンは『アイアンマン』(2008)で初めてフューリー役を演じた際の苦労を振り返っている。

「妙なことがあってね。初めて片目でニック・フューリーを演じた日、セリフが思い出せなかったんだ。移動で疲れてるんだと思ったんだけど、セリフを両目で覚えてたことに気づいたんだよ。それから片目をふさいでセリフを覚えるようにした。変な話だけど、それでうまくいったんだ。」

話を聞いていたレイノルズに「スゴい、見て覚えてるんだね」とリアクションされているあたり、この方法は俳優の能力としても特殊なのかもしれない。両目か片目かという問題は、ジャクソンにとっては視野以外にも大きな影響を与えるものだったようだ。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日に全米公開予定
ちなみにサミュエル・L・ジャクソン&ライアン・レイノルズという最強コンビによるアクション・コメディ『ザ・ヒットマンズ・ボディガード』は2017年8月18日に米国公開される(日本公開は不明)。

Sources: http://www.cbr.com/sam-jackson-captain-marvel-casting/
https://www.facebook.com/Fandango/videos/10154810479076200/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。