Menu
(0)

Search

DC映画『ナイトウィング』間もなく近況報告か、バレンタイン前後に備えよ

DCコミックス
The DC logo is a trademark of DC Comics.

かねてより単独映画化が伝えられながら、その続報が滞っていたDC映画『ナイトウィング』より、近く発表があるようだ。監督を手がけるクリス・マッケイが予告した。2018年2月ごろの告知を予定しており、より具体的には「バレンタイン前後」になるという。ただし、キャスティングにまつわる発表ではないそうだ。

思わぬ「事前予告」のきっかけは、ネット記事をめぐるファンとのTwitterのやりとりから生まれた。2018年1月13日、We Got This Coveredがナイトウィング役について「ワーナーがマット・ボマーとショーン・ピニャテッリに狙いを定めている」とする記事を掲載。この真偽についてファンが監督にTwitterで直接尋ねたところ、「真実ではないよ」否定していた。質問を投げかけたファンが「公開次期について、もうそろそろ分からないものですか?キャスティングの話をするのは時期尚早かと思いますが…」と尋ね直したところ、この度の情報が引き出されたというわけである。

「確かにキャスティングの話をするにはまだ早すぎるけど、2月…、たぶんバレンタイン前後に…、今どういう状況かをお伝えするべきかな。最初のナイトウィング映画についてね!」

どうやらクリス監督ら『ナイトウィング』企画陣にとって2018年2月にはマイルストーンを置いていたようで、2017年11月にも「2月ごろに進捗をお伝えできると思う」とツイートしていた。ところが、その後米ワーナーがDC映画ユニバースの規模縮小を図っているとの報道があり、『ナイトウィング』の命運も危惧されていたところだった。杞憂に終わってくれれば何よりだが、全てはもう数日で明らかになることだろう。

『ナイトウィング』は、バットマン/ブルース・ウェインの相棒ナイトウィング/ディック・グレイソンを初めて実写映画する企画。DCユニバースきっての男前キャラであり、ファン人気も非常に高いキャラクター待望の単独映画とあって、その動向に注目が集まっている。本作でメガホンをとるクリス・マッケイは、『レゴRバットマン ザ・ムービー』(2017)でロビン(ナイトウィング襲名前のヒーロー名)映像化を手がけている。映画『ナイトウィング』については、「温かくてエモーショナルな、マジでヤバいアクション映画にするつもり」「誰がナイトウィング役になろうと、そして他の出演者のみんなにも超キツい訓練を受けてもらう」と意気込んでいる

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly