『ニンジャバットマン』予告編公開!アニメのオープニング並の高密度のまま長編化 ─ 「東京コミコン2017」で詳細語られる

アニメ『ニンジャバットマン』が、日本の地でついにヴェールを脱いだ。2017年12月1日(金)の「東京コミコン2017」ステージにて制作発表が開催。監督の水崎淳平、脚本の中島かずき、キャラクターデザインの岡崎能士が登壇し、その詳細を語った。

BATMAN and all related characters and elements ©

先に開催されたニューヨーク・コミコンにて謎のプロジェクトとして発表された『ニンジャバットマン』。ニューヨークでの発表について水崎氏は「アメリカの方にとってバットマンは神話のような存在。無事に帰れるのか、怒られるんじゃないかと不安でした」と笑いながら振り返る。「むしろすごく熱気のある声援を頂けて、あぁ、良かったと…。」会場では、ニューヨーク・コミコン現地で特報映像を見た本国ファンのコメントをまとめた映像も上映。「こんなふうに現地の方の感想を見るのは初めて」と3人は喜び、岡崎氏は「日米でリアクションが違うのが印象的だった。(アメリカの方は)ロビンが出てくると喜ぶんですよね」と所感を述べた。

©THE RIVER

『ニンジャバットマン』予告編も電撃解禁


イベントでは、待望となる初の予告編映像も公開、合わせてオンラインでも視聴が解禁となった。東京コミコン会場では拍手喝采が起こった映像を御覧いただきたい。

予告編で判明したのは、バットマンらゴッサム・シティのキャラクターたちが何らかの出来事によって戦国時代の日本にタイムスリップする。中島によれば「悪党たちが戦国大名と入れ替わり、歴史を改変しようとしている。それに対してバットマンがどう立ち向かうか」というストーリー。

キャラクター・デザインについて岡崎氏は「子供の頃からバットマンのファンだったので夢がかなったような気持ち。今回の日本風アレンジはやろうと思えばいくらでもできちゃう。でも僕はいちファンとして、世界中の誰もがパッと見てバットマン、ジョーカー、ロビンとわかるようにアレンジすることにこだわった」と明かす。

『ニンジャバットマン』全体を統括する監督の水崎氏は「僕は2人のバトンを最後に受け取るアンカーのような位置。中島さんの話のおもしろさ、岡崎さんのデザインのこだわりを受け取った。”バットマンをアップするときにはここを写そう”など、画面の構成にもこだわりました。日本の皆さんに、もっとバットマンが好きになってもらえるような作品に仕上げています。」と語った。

叶姉妹「観たことのないバットマン」

イベントには『ニンジャバットマン』を意識し、和洋折衷なデザインがゴージャスで、お値段も8,000万円とファビュラスな毛皮のコートに身をまとった叶姉妹もゲスト登場。叶美香は、「姉のようなキャラクターの方も出てきます。ポインズン・アイビーでしたよね」と笑うと、叶恭子は「私の方が少し優しいと思いますわよ」と微笑んだ。既に『ニンジャバットマン』をいち早く鑑賞済みの叶姉妹だが、美香さんは「観た瞬間、今までのバットマンと違う!というのが第一印象。色々なキャラクターが大集合します。ここがこうなって、なぜこうなるの?と見所がいっぱいでした」、恭子さんは「ジョーカーのアートがとても美しい」「バットマンにまつわる色んな物が出て来る。ツッコミどころもたくさんありましたが、美香さんが”そんなことは気にしなくていいものよ”って」と鑑賞体験を明かした。

©THE RIVER

©THE RIVER

美香さんは、クリエイターの3名に「和と洋が美しく混ざっていますが、その割合については」と質問。中島氏は「ゴッサムの連中が戦国時代にタイムスリップ、馴染んで、彼らの感覚で日本を取り入れている」、水崎氏からは「ハリウッド映画などで、海外の方が日本を勘違いして描いたりする。あれをもっと勘違いさせてやろうと思って」とのこだわりについて答えた。

恭子さんは「『ニンジャバットマン』の和洋折衷は今までにないものです」と絶賛。続けて美香さんは「今までにないバットマンですが、登場するキャラクターが好きなキャラクターたちばかり。ストーリーも”え!”と驚きながらも引き込まれます」とコメントした。

最後に水崎監督からは、「神風動画というスタジオにとっても長編作品は初。普段手がけているアニメのオープニングやミュージック・ビデオの密度のまま、休まずに長編にした。すごい情報量なので、観た後に倒れてしまう方もいるかも」と述べられた。

映画『ニンジャバットマン』は2018年全国ロードショーとなる。

 

東京コミコン開催概要

東京コミコンは、スタン・リー氏とApple共同創業者の1人スティーブ・ウォズニアックによって実現した。第二回開催となる今回は、スティーブ・ウォズニアック氏、マッツ・ミケルセン氏カール・アーバン氏ネイサン・フィリオン氏スタン・リー氏マイケル・ルーカー氏の来日が発表されている。

日程:2017年12月1日(金)~2017年12月3日(日)

場所:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1国際展示場 9・10・11ホール)

東京コミックコンベンション公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

前売入場券はチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて販売中。

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。