Menu
(0)

Search

トム・クルーズ、並走NGだった ─ 『ザ・マミー』共演者が明かす

『 ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

トム・クルーズは、映画の中で共演者と走ることを拒否していたのだという。

そう話すのは、トム・クルーズ主演のザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017)でヒロインのジェニー役を演じたアナベル・ウォーリスだ。『ザ・マミー』劇中、ヴィランの王女アマネットが能力を開放し、建物のガラスがつぎつぎ大破すると、トムとアナベルは共に走って脱出、ロンドン市内を駆ける。

アナベルは米The Hollywood Reporterに、「劇中、彼と一緒に走ることになったんですけど、最初はダメなんだって断られたんです」と明かしている。トムが「劇中では誰も僕と走らない」と伝えたというのだ。

そこで「でも、私すごく良いランナーなんですよ」と説明し、トレッドミル(ランニングマシン)で走っている姿をトムに見てもらったところ、めでたく並走シーンが認められたのだとか。「オスカーより嬉しかった!」と本人は大喜びしている。

ちなみにこの回答は、「『ザ・マミー』からもう3年ほどが経ちますが、トム・クルーズがらみの質問も落ち着いてきましたか?」という質問に対するもの。稀代のアクションスター、トム・クルーズと共演したとなると、共演者らは決まって「トムとの共演はいかがでしたか?」と質問される傾向があるのだ。

ウォーリスは意に介さないどころか、むしろ「ずっと質問して欲しい」と答えているのだ。「彼のことを話すのが大好きですから」。スーパースター、トム・クルーズについて、「映画への情熱と愛や、常に成長を続け、限界に挑み続ける強い向上心に、皆さん畏敬の念を抱いていると思います。レベルが違うんですよね」と最大限のリスペクトを贈っている。

ところでトム・クルーズは新作で、本当に宇宙に行って撮影する前代未聞のアクション映画に挑む。本当にレベルが違う。

Source:THR

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly