Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ボンドウーマン・パロマ、アナ・デ・アルマスのために作られた役だった

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Getty Images for EON Productions, Metro-Goldwyn-Mayer Studios, and Universal Pictures

007』シリーズ最新作、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)が公開されるや、大きな話題を呼んでいるエージェント・パロマ。このボンドウーマンは、アナ・デ・アルマスのために作り上げられた役だったようだ。

ボンドウーマンといえば、ジェームズ・ボンドを愛し裏切り、翻弄する存在として登場することが多かったが、今度のエージェント・パロマは、ボンドとともにキューバでの任務で活躍し、ドレス&ハイヒール姿で激しい銃撃戦を繰り広げていた。かつてないボンドウーマン像を作り上げたのは、キャリー・フクナガ監督。2020年のインタビューにてフクナガは、「アナのために特別に考案したもので、これまで彼女が演じたことのないようなユーモアのあるキャラクターにしようとしました」と説明していた

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の脚本は、キャリー・フクナガをはじめ複数人で共同執筆されており、パロマをとらえたシーンの多くは、「Fleabag フリーバッグ」(2016-)「キリング・イヴ/Killing Eve」(2018-)のフィービー・ウォーラー=ブリッジが担当したとのこと。フィービーによる作品の特徴は、ときに機知に富み、ときに辛辣なユーモアだ。その功績は大きかったようで、THE RIVERとのインタビューでもアナ・デ・アルマスは、「フィービーはユーモアのセンスを兼ね備えていて、それは彼女特有のものであり、脚本にもそれが反映されていたので、とても素晴らしかったです」と称賛していた

やはりパロマを作り上げる上では、“ユーモア”が重要な要素となっていたようだ。本作をすでに鑑賞している方であれば、卓越した戦闘術だけでない、パロマのユーモアあふれるキャラクター性に魅了されたに違いない。アナ・デ・アルマスふんするかつてないボンドウーマンがみられる『007』シリーズ最新作、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は絶賛公開中だ。

Source: Vanity Fair 

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly